うららか

  1. うららかや空より青き流れあり 阿部みどり女【季語=うららか(春)】

    うららかや空より青き流れあり阿部みどり女今週は名古屋である。午後からの打ち合わせを早々に切り上げ、取引先と一緒に飲みにいくことにしたが、時間が早くまだどこの店も閉まっていた。かろうじて駅中にある焼き…

  2. 【春の季語】うららか

    【春の季語=三春(2〜4月)】うららか柔らかい日差しによって照らさ…

  3. 【春の季語】うらら

    【春の季語=三春(2〜4月)】うらら柔らかい日差しによって照らされ…

  4. 【春の季語】永き日

    【春の季語=三春(2月〜4月)】永き日「日永」のこと。「永日」とも…

  5. 【春の季語】日永

    【春の季語=三春(2月〜4月)】日永晩冬には「日脚伸ぶ」という季語…

  6. うららかや帽子の入る丸い箱 茅根知子【季語=うららか(春)】

  7. うららかさどこか突抜け年の暮 細見綾子【季語=年の暮(冬)】

おすすめ記事

  1. 「野崎海芋のたべる歳時記」わが家のオムライス
  2. 古暦金本選手ありがたう 小川軽舟【季語=古暦(冬)】
  3. 【秋の季語】蓑虫/鬼の子 蓑虫鳴く
  4. 【夏の季語】草いきれ
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第127回】鳥居真里子

Pickup記事

  1. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#4】
  2. 海松かゝるつなみのあとの木立かな  正岡子規【季語=海松(春)】
  3. 【俳句公募のご案内】「十年目の今、東日本大震災句集 わたしの一句」【12月15日締切】
  4. 【新年の季語】なまはげ
  5. 結構違ふよ団栗の背くらべ 小林貴子【季語=団栗(秋)】
PAGE TOP