うららか

  1. 【春の季語】永き日

    【春の季語=三春(2月〜4月)】永き日「日永」のこと。「永日」とも。【永き日(上五)】永き日のにはとり柵を越えにけり 芝不器男永き日や相触れし手は触れしまま 日野草城永き…

  2. 【春の季語】日永

    【春の季語=三春(2月〜4月)】日永晩冬には「日脚伸ぶ」という季語…

  3. うららかや帽子の入る丸い箱 茅根知子【季語=うららか(春)】

    うららかや帽子の入る丸い箱茅根知子))帽子を買った。…

  4. うららかさどこか突抜け年の暮 細見綾子【季語=年の暮(冬)】

    うららかさどこか突抜け年の暮細見綾子十二月も中旬。もう十分…

おすすめ記事

  1. 肉声をこしらへてゐる秋の隕石 飯島晴子【季語=秋(秋)】
  2. 初鰹黒潮を来し尾の緊まり 今瀬一博【季語=初鰹(夏)】
  3. 蝌蚪の紐掬ひて掛けむ汝が首に 林雅樹【季語=蝌蚪(春)】
  4. きつかけはハンカチ借りしだけのこと 須佐薫子【季語=ハンカチ(夏)】
  5. 春風や闘志いだきて丘に立つ 高浜虚子【季語=春風(春)】

Pickup記事

  1. 好きな繪の賣れずにあれば草紅葉 田中裕明【季語=草紅葉(秋)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第23回】松代展枝
  3. さて、どちらへ行かう風がふく 山頭火
  4. 指入れてそろりと海の霧を巻く 野崎憲子【季語=海霧(夏)】
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【9月11日スタート】
PAGE TOP