この

  1. 少し派手いやこのくらゐ初浴衣 草間時彦【季語=初浴衣(夏)】

    少し派手いやこのくらゐ初浴衣草間時彦 先週末、夏の訪れを告げる長壁神社の例祭「姫路ゆかた祭り」へ行ってきた。4年ぶりの開催ということで交通規制が敷かれ、姫路内や近隣からたくさんの人が集まり、大変な賑…

  2. 青大将この日男と女かな 鳴戸奈菜【季語=青大将(夏)】

    青大将この日男と女かな鳴戸奈菜(『イヴ』) 青大将は、蝮と…

  3. 黒き魚ひそみをりとふこの井戸のつめたき水を夏は汲むかも 高野公彦

    黒き魚ひそみをりとふこの井戸のつめたき水を夏は汲むかも高野公彦…

  4. 枯葉言ふ「最期とは軽いこの音さ」 林翔【季語=枯葉(冬)】

    枯葉言ふ「最期とは軽いこの音さ」)林 翔特に理由もない…

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第89回】広渡詩乃
  2. コンビニの枇杷って輪郭だけ 原ゆき
  3. 破門状書いて破れば時雨かな 詠み人知らず【季語=時雨(冬)】
  4. しかと押し朱肉あかあか冬日和 中村ひろ子(かりん)【季語=冬日和(冬)】
  5. 仲秋の金蠅にしてパッと散る 波多野爽波【季語=仲秋(秋)】

Pickup記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【番外ー1】 網走と臼田亞浪
  2. 【夏の季語】草田男忌/炎熱忌
  3. 花ミモザ帽子を買ふと言ひ出しぬ 星野麥丘人【季語=花ミモザ(春)】
  4. 旅いつも雲に抜かれて大花野 岩田奎【季語=大花野(秋)】
  5. 【冬の季語】寒夕焼
PAGE TOP