にして

  1. 一瞬にしてみな遺品雲の峰 櫂未知子【季語=雲の峰(夏)】 

    一瞬にしてみな遺品雲の峰)(櫂未知子(第三句集『カムイ』より)ついに、句集発刊に向けた諸々が完結し、句集の発売日が決定した。そのXデーは3月19日(火)となった。奥付の発行日は、とある別の日(わたし…

  2. 恋にしてわざと敗けたるかるた哉 羅蘇山人【季語=かるた(新年)】

    恋にしてわざと敗けたるかるた哉羅蘇山人(『蘇山人俳句集』)…

  3. 仲秋の金蠅にしてパッと散る 波多野爽波【季語=仲秋(秋)】

    仲秋の金蠅にしてパッと散る波多野爽波「パッ」のオノマトペが…

  4. 帰るかな現金を白桃にして 原ゆき【季語=白桃(秋)】

    帰るかな現金を白桃にして)原 ゆき キャッシュレス社会なん…

  5. 杜甫にして余寒の詩句ありなつかしき 森澄雄【季語=余寒(春)】

    杜甫にして余寒の詩句ありなつかしき森澄雄(『季題別森澄雄全句集』)…

おすすめ記事

  1. 【第3回】ラジオ・ポクリット(ゲスト: 成田一子さん)
  2. 【新年の季語】人の日
  3. 落椿とはとつぜんに華やげる 稲畑汀子【季語=落椿(春)】
  4. 【夏の季語】梅雨の月
  5. 卒業の歌コピー機を掠めたる 宮本佳世乃【季語=卒業(春)】

Pickup記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【番外−2】 足摺岬と松本たかし
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第32回】筑紫磐井
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第102回】小泉信一
  4. 【冬の季語】冬の川
  5. さくらんぼ洗ひにゆきし灯がともり 千原草之【季語=さくらんぼ(夏)】
PAGE TOP