冬の川

  1. 【冬の季語】冬河原(冬川原)

    【冬の季語=三冬(11〜1月)】冬河原(冬川原)「冬の川」(「冬川」)または「冬の河」(「冬河」)のへり、水が流れていない、砂や石の多いところ。「河」はもともと「黄河」に由来するため、「川」よりも「河」のほ…

  2. 【冬の季語】冬の谷

    【冬の季語=三冬(11〜1月)】冬の谷周囲から孤絶された谷間の冬は、人気も…

  3. 【冬の季語】冬川

    【冬の季語=初冬〜晩冬(11〜1月)】冬川【ミニ解説】「冬の川」のこと。ふ…

  4. 【冬の季語】冬の川

    【冬の季語=初冬〜晩冬(11〜1月)】冬の川【ミニ解説】冬になると川の水は…

おすすめ記事

  1. 【新年の季語】初厨
  2. 鳥の巣に鳥が入つてゆくところ 波多野爽波【季語=鳥の巣(春)】 
  3. 蝶落ちて大音響の結氷期 富沢赤黄男【季語=結氷期(冬)】
  4. 未婚一生洗ひし足袋の合掌す 寺田京子【季語=足袋(冬)】
  5. 詠みし句のそれぞれ蝶と化しにけり 久保田万太郎【季語=蝶(春)】

Pickup記事

  1. つひに吾れも枯野のとほき樹となるか 野見山朱鳥【季語=枯野(冬)】
  2. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#19
  3. 皹といふいたさうな言葉かな 富安風生【季語=皹(冬)】
  4. 悲しみもありて松過ぎゆくままに 星野立子【季語=松過(新年)】
  5. 棕梠の葉に高き雨垂れ青峰忌 秋元不死男【季語=青峰忌(夏)】
PAGE TOP