咲く

  1. 葛咲くや嬬恋村の字いくつ 石田波郷【季語=葛の花(秋)】

    葛咲くや嬬恋村の字いくつ石田波郷いよいよ9月です。お子様のいらっしゃるご家庭は、新学期を迎えてホッとしていることでしょう。拙宅も慌しい毎朝が戻ってきて、一息つきつつも新しい忙しさが始まってい…

  2. 赤ばかり咲いて淋しき牡丹かな 稲畑汀子【季語=牡丹(夏)】

    赤ばかり咲いて淋しき牡丹かな稲畑汀子先週の土曜日、鎌倉虚子…

  3. 紫陽花のパリーに咲けば巴里の色 星野椿【季語=紫陽花(夏)】

    紫陽花のパリーに咲けば巴里の色星野椿 紫陽花が見頃を迎えつ…

  4. 梅咲きぬ温泉は爪の伸び易き 梶井基次郎【季語=梅(春)】

    梅咲きぬ温泉(いでゆ)は爪の伸び易き梶井基次郎今年の桜は例…

  5. 美校生として征く額の花咲きぬ 加倉井秋を【季語=額の花(夏)】

    美校生として征く額の花咲きぬ)加倉井秋を)ウクライナ情勢を…

  6. 桐咲ける景色にいつも沼を感ず 加倉井秋を【季語=桐の花(夏)】

  7. 椿咲くたびに逢いたくなっちゃだめ 池田澄子【季語=椿(春)】

  8. 言葉がわからないので笑うてわかれる露草咲いてゐる 種田山頭火【季語=露草(秋)】

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第111回】宮澤正明
  2. 秋天に雲一つなき仮病の日 澤田和弥【季語=秋天(秋)】
  3. 【冬の季語】海鼠/海鼠舟 海鼠突 酢海鼠 海鼠腸
  4. 少し派手いやこのくらゐ初浴衣 草間時彦【季語=初浴衣(夏)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第122回】樫本由貴

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第104回】坂崎重盛
  2. 【#26-3】愛媛県南予地方と宇和島の牛鬼(3)
  3. 頭を垂れて汗の男ら堂に満つ 高山れおな【季語=汗(夏)】
  4. さへづりのだんだん吾を容れにけり 石田郷子【季語=囀(春)】
  5. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第10回(最終回)
PAGE TOP