天高し

  1. 天高し鞄に辞書のかたくある 越智友亮【季語=天高し(秋)】

    天高し鞄に辞書のかたくある越智友亮 語学を学習する者にとって辞書に使用感が出てくるのは至上の喜びだ。電子辞書を高校生も使うようになった今、これは古い考え方なのだろうか? 俳句における辞書に相…

  2. 【秋の季語】天高し

    【秋の季語=三秋(8月〜10月)】天高し【解説】秋の空気が澄むころ、すこーんと空が…

  3. 天高し深海の底は永久に闇 中野三允【季語=天高し(秋)】

    天高し深海の底は永久に闇中野三允(『三允句集拾遺・俳遍路』)…

  4. 【秋の季語】秋高し

    【秋の季語=三秋(8月〜10月)】秋高し 空高し【解説】秋になって残暑が落ち着くと…

  5. 天高し風のかたちに牛の尿 鈴木牛後【季語=天高し(秋)】

    天高し風のかたちに牛の尿鈴木牛後たとえば、(夏の季語である…

  6. 天高し男をおいてゆく女 山口昭男【季語=天高し(秋)】

おすすめ記事

  1. あかくあかくカンナが微熱誘ひけり 高柳重信【季語=カンナ(秋)】
  2. 花八つ手鍵かけしより夜の家 友岡子郷【季語=花八つ手(冬)】
  3. 血を分けし者の寝息と梟と 遠藤由樹子【季語=梟(冬)】 
  4. 【投稿募集中】コンゲツノハイクを読む【2月20日締切】
  5. 風邪を引くいのちありしと思ふかな 後藤夜半【季語=風邪(冬)】

Pickup記事

  1. いけにえにフリルがあって恥ずかしい 暮田真名
  2. 胸の炎のボレロは雪をもて消さむ 文挾夫佐恵【季語=雪(冬)】
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第66回】 秩父・長瀞と馬場移公子
  4. 「我が毒」ひとが薄めて名薬梅雨永し 中村草田男【季語=梅雨(夏)】
  5. 【冬の季語】蓮根掘る
PAGE TOP