季語・歳時記

【秋の季語】秋高し

【秋の季語=三秋(8月〜10月)】秋高し 空高し

【解説】秋になって残暑が落ち着くと、人間のからだは軽く感じられます。

空を見上げれば、夏雲の大きな積乱雲が、いつしか秋雲のまばらな巻積雲に。

大気も澄み、空がいっそう高く感じられることを、杜審言の「雲浄くして妖星落ち、秋高くして塞馬肥ゆ」にならって、俳句では「天高し」と呼び習わしています。

頻度は落ちますが、その言い換えとして「秋高し」や「空高し」が用いられることもあります。

【関連季語】秋晴、秋の空、秋色、秋の声など。


【秋高し(上五)】
秋高し行くは牛とどまるは岩 鷹羽狩行
舵取も荷積みも一人秋高し 前田攝子

【秋高し(下五)】
たいそうな葬式すんで秋高し 仙田洋子

【空高し】
雲に穴あくやさらなる空高し 如月真菜


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】紙風船
  2. 【冬の季語】冬の猫
  3. 【新年の季語】春の七種(七草)
  4. 【春の季語】春一番
  5. 【秋の季語】西の虚子忌(西虚子忌)
  6. 【新年の季語】元旦
  7. 【夏の季語】緑蔭
  8. 【冬の季語】寒夕焼

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】短日
  2. 鵙の贄太古のごとく夕来ぬ 清原枴童【季語=鵙の贄(秋)】
  3. 伊太利の毛布と聞けば寝つかれず 星野高士【季語=毛布(冬)】
  4. 【春の季語】針供養
  5. 【秋の季語】迎鐘/六道参 精霊迎
  6. 【春の季語】紅梅
  7. 酒醸す色とは白や米その他 中井余花朗
  8. 春星や言葉の棘はぬけがたし 野見山朱鳥【季語=春星(春)】
  9. 「野崎海芋のたべる歳時記」アボカドと蟹のムース
  10. 五十なほ待つ心あり髪洗ふ 大石悦子【季語=髪洗ふ(夏)】

Pickup記事

  1. 【秋の季語】鰯雲/鱗雲 鯖雲
  2. 雀来て紅梅はまだこどもの木 成田千空【季語=紅梅(春)】
  3. 鉄橋を決意としたる雪解川 松山足羽【季語=雪解川(春)】
  4. 【冬の季語】煤逃
  5. 【夏の季語】緑蔭
  6. 初場所の力士顚倒し顚倒し 三橋敏雄【季語=初場所(新年)】
  7. 葛の花来るなと言つたではないか 飯島晴子【季語=葛の花(秋)】
  8. 開墾のはじめは豚とひとつ鍋 依田勉三
  9. 迷宮へ靴取りにゆくえれめのぴー 中嶋憲武
  10. 最終回みたいな街に鯨来る 斎藤よひら【季語=鯨(冬)】
PAGE TOP