季語・歳時記

【秋の季語】秋高し

【秋の季語=三秋(8月〜10月)】秋高し 空高し

【解説】秋になって残暑が落ち着くと、人間のからだは軽く感じられます。

空を見上げれば、夏雲の大きな積乱雲が、いつしか秋雲のまばらな巻積雲に。

大気も澄み、空がいっそう高く感じられることを、杜審言の「雲浄くして妖星落ち、秋高くして塞馬肥ゆ」にならって、俳句では「天高し」と呼び習わしています。

頻度は落ちますが、その言い換えとして「秋高し」や「空高し」が用いられることもあります。

【関連季語】秋晴、秋の空、秋色、秋の声など。


【秋高し(上五)】
秋高し行くは牛とどまるは岩 鷹羽狩行
舵取も荷積みも一人秋高し 前田攝子

【秋高し(下五)】
たいそうな葬式すんで秋高し 仙田洋子

【空高し】
雲に穴あくやさらなる空高し 如月真菜


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】和蘭陀獅子頭
  2. 【春の季語】朧夜
  3. 【冬の季語】逝く年(行く年)
  4. 【冬の季語】冬の日
  5. 【春の季語】花
  6. 【新年の季語】繭玉
  7. 【夏の季語】扇風機
  8. 【秋の季語】草の花

おすすめ記事

  1. 【春の季語】春野
  2. 【春の季語】恋猫
  3. 敬老の日のどの席に座らうか 吉田松籟【季語=敬老の日(秋)】
  4. シゴハイ【第3回】脇本浩子(イタリア食文化文筆・翻訳家)
  5. 海外のニュースの河馬が泣いていた 木田智美【無季】
  6. 【夏の季語】サングラス
  7. 菜の花や月は東に日は西に 与謝蕪村【季語=菜の花(春)】
  8. 影ひとつくださいといふ雪女 恩田侑布子【季語=雪女(冬)】
  9. 毛帽子をかなぐりすててのゝしれる     三木朱城【季語=毛帽子(冬)】
  10. 【夏の季語】夏座敷

Pickup記事

  1. ひまわりと俺たちなんだか美男子なり 谷佳紀【季語=ひまわり(夏)】
  2. カンバスの余白八月十五日 神野紗希【季語=終戦記念日(秋)】
  3. 【冬の季語】冬薔薇
  4. 水吸うて新聞あをし花八ツ手 森賀まり【季語=花八ツ手(冬)】
  5. 【秋の季語】秋気
  6. 猫と狆と狆が椎茸ふみあらす 島津亮【季語=椎茸(秋)】
  7. 【春の季語】春惜む(春惜しむ)
  8. いつせいに柱の燃ゆる都かな 三橋敏雄
  9. 田螺容れるほどに洗面器が古りし 加倉井秋を【季語=田螺(春)】
  10. 鶴の来るために大空あけて待つ 後藤比奈夫【季語=鶴来る(秋)】
PAGE TOP