1. 夏帯にほのかな浮気心かな 吉屋信子【季語=夏帯(夏)】

    夏帯にほのかな浮気心かな吉屋信子(『文人俳句歳時記』) 浮気とは、どこからが浮気なのだろうか。男性は、キスをしたらとか肉体関係を持ったらとか具体的な行為にて一線を引くのに対し、女性は、良いなと思った…

  2. 五十なほ待つ心あり髪洗ふ 大石悦子【季語=髪洗ふ(夏)】

    五十なほ待つ心あり髪洗ふ大石悦子(『花神俳句館 大石悦子』)…

  3. バレンタインデー心に鍵の穴ひとつ 上田日差子【季語=バレンタインデー(春)】

    バレンタインデー心に鍵の穴ひとつ上田日差子(『忘南』) 日…

  4. 春を待つこころに鳥がゐて動く 八田木枯【季語=春を待つ(冬)】

    春を待つこころに鳥がゐて動く八田木枯「動く」という動詞を持…

  5. 愛断たむこころ一途に野分中 鷲谷七菜子【季語=野分(秋)】

    愛断たむこころ一途に野分中鷲谷七菜子(『黄炎』)恋愛という…

おすすめ記事

  1. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年2月分】
  2. 冬枯や熊祭る子の蝦夷錦 正岡子規【季語=冬枯・熊(冬)】
  3. 【春の季語】囀
  4. 【冬の季語】浮寝鳥
  5. またわたし、またわたしだ、と雀たち 柳本々々

Pickup記事

  1. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月15日配信分】
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年2月分】
  3. 花いばら髪ふれあひてめざめあふ 小池文子【季語=花いばら(夏)】
  4. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#6】
  5. 女房の化粧の音に秋澄めり 戸松九里【季語=秋澄む(秋)】
PAGE TOP