成田千空

  1. 十二月うしろの正面山の神 成田千空【季語=十二月(冬)】

    十二月うしろの正面山の神成田千空 草田男に愛妻俳句がごまんとあるように、千空も多くの愛妻俳句を詠んでいる。千空にとってその深い恩愛の対象として、市子夫人という存在は至極大きく、それは、「炎天の空へ吾…

  2. 寒夕焼に焼き亡ぼさん癌の身は 成田千空【季語=寒夕焼(冬)】

    寒夕焼に焼き亡ぼさん癌の身は成田千空 第四句集『白光』によ…

  3. 雀来て紅梅はまだこどもの木 成田千空【季語=紅梅(春)】

    雀来て紅梅はまだこどもの木成田千空 平成10年(1998・…

  4. 白鳥の花の身又の日はありや 成田千空【季語=白鳥(冬)】

    白鳥の花の身又の日はありや成田千空 千空の萬緑賞受賞後、中…

  5. 主よ人は木の髄を切る寒い朝 成田千空【季語=寒い(冬)】

    主よ人は木の髄を切る寒い朝成田千空『萬緑』創刊から7年後の…

  6. 仰向けに冬川流れ無一文 成田千空【季語=冬川(冬)】

  7. 綿虫や母あるかぎり死は難し 成田千空【季語=綿虫(冬)】

  8. 静臥ただ落葉降りつぐ音ばかり 成田千空【季語=落葉(冬)】

  9. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第39回】 青森・五所川原と成田千空

おすすめ記事

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年10月分】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第57回】卓田謙一
  3. 言葉がわからないので笑うてわかれる露草咲いてゐる 種田山頭火【季語=露草(秋)】
  4. 【冬の季語】冬の日
  5. 【新年の季語】歌かるた(歌がるた)

Pickup記事

  1. 【#44】写真の不思議
  2. 静臥ただ落葉降りつぐ音ばかり 成田千空【季語=落葉(冬)】
  3. 餅花のさきの折鶴ふと廻る 篠原梵【季語=餅花(新年)】
  4. 春林をわれ落涙のごとく出る 阿部青鞋【季語=春林(春)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第106回】後藤章
PAGE TOP