松尾芭蕉

  1. おもかげや姨ひとりなく月の友 松尾芭蕉【季語=月(秋)】

    おもかげや姨ひとりなく月の友松尾芭蕉 先週、一泊二日で信州へ夏行に行ってきた。両日ともに猛暑で吟行は大変だったが、とても良い経験になった。初日は、JR松本駅に集合し、そこからバスで戸倉上山田温泉へ向…

  2. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#7

    【連載】もしあの俳人が歌人だったらSession#7このコーナーは、気鋭の…

  3. 海女ひとり潜づく山浦雲の峰 井本農一【季語=雲の峰(夏)】

    海女ひとり潜(か)づく山浦雲の峰井本農一(『遅日の街』1977年)…

  4. 引退馬支援と『ウマ娘』と、私が馬を詠む理由

    このコーナーは不定期更新の自由な「提言」のコーナーです。セクト・ポクリットの「アゴ…

  5. さまざまの事おもひ出す桜かな 松尾芭蕉【季語=桜(春)】

    さまざまの事おもひ出す桜かな松尾芭蕉待ちに待った〈桜〉の季…

  6. 【投稿募集】アゴラ・ポクリット

おすすめ記事

  1. 底冷えを閉じ込めてある飴細工 仲田陽子【季語=底冷(冬)】
  2. 【春の季語】春の泥
  3. 【秋の季語】椎茸
  4. 海苔あぶる手もとも袖も美しき 瀧井孝作【季語=海苔(春)】
  5. 【第11回】ラジオ・ポクリット【新年会2023】

Pickup記事

  1. 馬鈴薯の一生分が土の上 西村麒麟【季語=馬鈴薯(秋)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第71回】遠藤由樹子
  3. 【夏の季語】バナナ
  4. 【書評】片山由美子『鷹羽狩行の百句』(ふらんす堂、2018年)
  5. 【連載】新しい短歌をさがして【8】服部崇
PAGE TOP