桂信子

  1. ふところに乳房ある憂さ梅雨ながき 桂信子【季語=梅雨(夏)】

    ふところに乳房ある憂さ梅雨ながき桂信子(『女身』) 梅雨の時期の気圧や湿度は、女性を体調不良にさせる。精神的に不安定となる女性も多い。古代において梅雨は皐月(旧暦五月)の頃で忌み月ともいわれていた。…

  2. 「野崎海芋のたべる歳時記」サラダ・パリジェンヌ

    サラダ・パリジェンヌSalade parisienne…

  3. 冬真昼わが影不意に生れたり 桂信子【季語=冬の昼(冬)】

    冬真昼わが影不意に生れたり桂信子(「草苑」2004年12月号)…

  4. 【連載】「野崎海芋のたべる歳時記」 グジェール

    グジェールGougères au fromage …

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP