比喩

  1. 新蕎麦のそば湯を棒のごとく注ぎ 鷹羽狩行【季語=新蕎麦(秋)】

    新蕎麦のそば湯を棒のごとく注ぎ鷹羽狩行 東京に来て蕎麦を食べることが増えた。関西でも蕎麦を食べていたが、うどんを食べる方が圧倒的に多かった。私が関西に住んでいた時は、年越し蕎麦の他に年に数回、蕎麦を…

  2. 水仙や古鏡の如く花をかかぐ 松本たかし【季語=水仙(冬)】

    水仙や古鏡の如く花をかかぐ松本たかし「古鏡」とは古代の金属…

  3. 松過ぎの一日二日水の如 川崎展宏【季語=松過ぎ(新年)】

    松過ぎの一日二日水の如川崎展宏一月七日に七草粥を食べると同…

  4. 両の眼の玉は飴玉盛夏過ぐ 三橋敏雄【季語=盛夏(夏)】

    両の眼の玉は飴玉盛夏過ぐ三橋敏雄たとえば、目の前に飴玉がご…

  5. 敷物のやうな犬ゐる海の家 岡田由季【季語=海の家(夏)】

    敷物のやうな犬ゐる海の家岡田由季カーペットのようなふさふさ…

  6. こまごまと大河のごとく蟻の列 深見けん二【季語=蟻(夏)】

おすすめ記事

  1. 順番に死ぬわけでなし春二番 山崎聰【季語=春二番(春)】
  2. 【冬の季語】愛日
  3. 初場所の力士顚倒し顚倒し 三橋敏雄【季語=初場所(新年)】
  4. 春泥を帰りて猫の深眠り 藤嶋務【季語=春泥(春)】
  5. 麦秋や光なき海平らけく 上村占魚【季語=麦秋(夏)】

Pickup記事

  1. 卒業す片恋少女鮮烈に 加藤楸邨【季語=卒業(春)】
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第19回】平泉と有馬朗人
  3. ストーブに判をもらひに来て待てる 粟津松彩子【季語=ストーブ(冬)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第64回】城島徹
  5. 深追いの恋はすまじき沈丁花 芳村うつぎ【季語=沈丁花(春)】
PAGE TOP