1. 紅梅の気色たゞよふ石の中 飯島晴子【季語=紅梅(春)】

    紅梅の気色たゞよふ石の中)飯島晴子「石の中」は、複数の岩に囲まれた空間を思うこともできるだろうが、やはり、一個の石の内側を想像したい。そうでなければ「紅梅」「気色」「たゞよふ」という言葉に対する裏切…

  2. 肉声をこしらへてゐる秋の隕石 飯島晴子【季語=秋(秋)】

    肉声をこしらへてゐる秋の隕石)飯島晴子肉声をこしらえながら…

  3. 白夜の忠犬百骸挙げて石に近み 中村草田男【季語=白夜(夏)】

    白夜の忠犬百骸挙げて石に近み)中村草田男 第8句集『時機(…

  4. 冬ざれや石それぞれの面構へ 若井新一【季語=冬ざれ(冬)】

    冬ざれや石それぞれの面構へ)若井新一何度も見てしまう夢があ…

  5. 秋の川真白な石を拾ひけり 夏目漱石【季語=秋の川(秋)】

    秋の川真白な石を拾ひけり)夏目漱石「秋の川で真っ白な石を拾…

おすすめ記事

  1. 【春の季語】鰊
  2. 「パリ子育て俳句さんぽ」【12月11日配信分】
  3. 仲秋の金蠅にしてパッと散る 波多野爽波【季語=仲秋(秋)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第115回】今田宗男
  5. 【秋の季語】秋めく

Pickup記事

  1. 個室のやうな明るさの冬来る 廣瀬直人【季語=冬来る(冬)】
  2. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第2回】
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【6月4日配信分】
  4. 【秋の季語】秋蝶
  5. 【冬の季語】冬野
PAGE TOP