1. 向日葵をつよく彩る色は黒 京極杞陽【季語=向日葵(夏)】

    向日葵をつよく彩る色は黒京極杞陽11月最初の金曜日である。11月は季節でいえば冬になるが、今週末は夏日とのことで、最高の秋晴れのなか、なんとも複雑な気持ちである。こんな1日に三つの季節を感じさせるな…

  2. 【連載】新しい短歌をさがして【16】服部崇

    【連載】新しい短歌をさがして【16】服部崇(「心の花」同人)…

  3. 秋茄子の漬け色不倫めけるかな 岸田稚魚【季語=秋茄子(秋)】

    秋茄子の漬け色不倫めけるかな岸田稚魚(『筍流し』) 秋茄子…

  4. 紫陽花のパリーに咲けば巴里の色 星野椿【季語=紫陽花(夏)】

    紫陽花のパリーに咲けば巴里の色星野椿 紫陽花が見頃を迎えつ…

  5. みかんいろのみかんらしくうずもれている 岡田幸生【季語=蜜柑(冬)】

    みかんいろのみかんらしくうずもれている岡田幸生(新版『無伴奏』2015年)…

  6. 秋日澄み樹のいろ拾ひつづけたる 井越芳子【季語=秋日(秋)】

  7. 水鏡してあぢさゐのけふの色 上田五千石【季語=あぢさゐ(夏)】

  8. 日が照つて厩出し前の草のいろ 鷲谷七菜子【季語=厩出し(春)】

  9. 吸呑の中の新茶の色なりし 梅田津【季語=新茶(夏)】

  10. 空のいろ水のいろ蝦夷延胡索 斎藤信義【季語=蝦夷延胡索(夏)】

  11. ラグビーのジヤケツの色の敵味方 福井圭児【季語=ラグビー(冬)】

  12. 酒醸す色とは白や米その他 中井余花朗

おすすめ記事

  1. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年2月分】
  2. 火達磨となれる秋刀魚を裏返す 柴原保佳【季語=秋刀魚(秋)】
  3. 三月の又うつくしきカレンダー 下田実花【季語=三月(春)】
  4. やゝ寒し閏遅れの今日の月 松藤夏山【季語=今日の月 (秋)】
  5. 春風や闘志いだきて丘に立つ 高浜虚子【季語=春風(春)】

Pickup記事

  1. 「野崎海芋のたべる歳時記」ゼブラのガトー
  2. 【秋の季語】秋の暮/秋の夕 秋の夕べ
  3. 「十六夜ネ」といった女と別れけり 永六輔【季語=十六夜(秋)】
  4. 【新連載】「ゆれたことば」#1「瓦礫」千倉由穂
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第116回】入沢 仁
PAGE TOP