菅敦

  1. 嗚呼これは温室独特の匂ひ 田口武【季語=温室(冬)】

    嗚呼これは温室独特の匂ひ)田口武スティーブ・ジョブズに「1000ものことにノーと言う」という名言がある。何かを成し遂げるためには、重要でない何かに対してノーと言い続ける必要がある。何か始めることを決…

  2. 鉄瓶の音こそ佳けれ雪催 潮田幸司【季語=雪催(冬)】

    鉄瓶の音こそ佳けれ雪催)潮田幸司銀化誌のリモート編集はかな…

  3. 血を血で洗ふ絨毯の吸へる血は 中原道夫【季語=絨毯(冬)】

    血を血で洗ふ絨毯の吸へる血は)中原道夫二〇一五年冬、中原は…

  4. 賀の客の若きあぐらはよかりけり 能村登四郎【季語=賀客(新年)】

    賀の客の若きあぐらはよかりけり)能村登四郎賀客を迎える立場…

  5. 【書評】菅敦 第1句集『仮寓』(書肆アルス、2020年)

    存在の〈不確かさ〉をめぐるアイロニズム:菅敦 第1句集『仮寓』(書肆アルス、202…

  6. 月光や酒になれざるみづのこと 菅 敦【季語=月光(秋)】

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第120回】吉田類
  2. いちまいの水田になりて暮れのこり 長谷川素逝【季語=水田(夏)】
  3. つちふるや自動音声あかるくて 神楽坂リンダ【季語=霾(春)】
  4. やはらかきところは濡れてかたつむり 齋藤朝比古【季語=蝸牛(夏)】
  5. 片影にこぼれし塩の点々たり 大野林火【季語=片影】

Pickup記事

  1. 秋櫻子の足あと【第2回】谷岡健彦
  2. 鹿の映れるまひるまのわが自転車旅行 飯島晴子【季語=鹿(秋)】
  3. 【年越し恒例】くま太郎とうさ子の「セポクリゆく年くる年」【2020年→2021年】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第120回】吉田類
  5. 霧晴れてときどき雲を見る読書 田島健一【季語=霧(秋)】
PAGE TOP