赤い

  1. 赤い月にんげんしろき足そらす 富澤赤黄男【季語=月(秋)】

    赤い月にんげんしろき足そらす富澤赤黄男(『魚の骨』) 〈宙に浮く左の脚にキスされたことを死ぬまで覚えていよう 笹岡理絵〉。この歌に出逢ったのは、16年前のこと。『新世紀青春歌人アンソロジー 太陽の舟…

  2. 背広よりニットに移す赤い羽根 野中亮介【季語=赤い羽根(秋)】

    背広よりニットに移す赤い羽根野中亮介いつの頃からか「馬醉木…

  3. 赤い椿白い椿と落ちにけり 河東碧梧桐【季語=椿(春)】

    赤い椿白い椿と落ちにけり)河東碧梧桐〽私は泣…

  4. 赤き茸礼讃しては蹴る女 八木三日女【季語=茸(秋)】

    赤き茸礼讃しては蹴る女八木三日女(『紅茸』)赤い茸は毒があ…

  5. 梅漬けてあかき妻の手夜は愛す 能村登四郎【季語=梅漬ける(夏)】

    梅漬けてあかき妻の手夜は愛す能村登四郎『咀嚼音』所収の有名…

おすすめ記事

  1. 山茶花の日々の落花を霜に掃く 瀧本水鳴【季語=山茶花(冬)】
  2. 【#35】俳誌に連載させてもらうようになったことについて
  3. 【夏の季語】アロハシャツ(アロハ)
  4. がんばるわなんて言うなよ草の花 坪内稔典【季語=草の花(秋)】
  5. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2021年9月分】

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第71回】遠藤由樹子
  2. 菊人形たましひのなき匂かな 渡辺水巴【季語=菊人形(秋)】
  3. 大河内伝次郎西瓜をまつぷたつ 八木忠栄【季語=西瓜(秋)】
  4. 【冬の季語】冬蝶
  5. 人とゆく野にうぐひすの貌強き 飯島晴子【季語=鶯(春)】
PAGE TOP