1. 本の背は金の文字押し胡麻の花 田中裕明【季語=胡麻の花(夏)】

    本の背は金の文字押し胡麻の花田中裕明結社誌『秋草』の中に、「よしきり句会抄」「春秋句会抄」という連載記事があった。前者は波多野爽波、後者は田中裕明の拾遺句を鑑賞するという内容であり、山口昭男主宰が執…

  2. 仲秋の金蠅にしてパッと散る 波多野爽波【季語=仲秋(秋)】

    仲秋の金蠅にしてパッと散る波多野爽波「パッ」のオノマトペが…

  3. ネックレスかすかに金や花を仰ぐ 今井千鶴子【季語=花(春)】

    ネックレスかすかに金や花を仰ぐ今井千鶴子(いまいちづこ)()…

  4. 牛乳の膜すくふ節季の金返らず 小野田兼子【季語=節季(冬)】

    牛乳の膜すくふ節季の金返らず小野田兼子季語は「節季」。講談…

おすすめ記事

  1. ひっくゝりつっ立てば早案山子かな 高田蝶衣【季語=案山子(秋)】
  2. 嚔して酒のあらかたこぼれたる 岸本葉子【季語=嚔(冬)】
  3. 南海多感に物象定か獺祭忌 中村草田男【季語=獺祭忌(秋)】
  4. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第10回(最終回)
  5. 死も佳さそう黒豆じっくり煮るも佳し 池田澄子【季語=黒豆(新年)】

Pickup記事

  1. 秋草のはかなかるべき名を知らず 相生垣瓜人【季語=秋草(秋)】
  2. 牛乳の膜すくふ節季の金返らず 小野田兼子【季語=節季(冬)】
  3. 雲の峰ぬつと東京駅の上 鈴木花蓑【季語=雲の峰(夏)】
  4. もう逢わぬ距りは花野にも似て 澁谷道【季語=花野(秋)】
  5. 馬小屋に馬の表札神無月 宮本郁江【季語=神無月(冬)】
PAGE TOP