飯田龍太

  1. 黒服の春暑き列上野出づ 飯田龍太【季語=春暑し(春)】

    黒服の春暑き列上野出づ飯田龍太))この句を作者名を伏せて突然目の前に出されたら、どう解釈されるだろう?どのようなシーンを詠んだものと思われるだろう?「黒服」をインターネットで検索すると、ナイ…

  2. 蟲鳥のくるしき春を不爲 高橋睦郎【季語=春(春)】

    蟲鳥のくるしき春を不爲高橋睦郎「不爲」には「なにもせず」の…

  3. 大寒の一戸もかくれなき故郷 飯田龍太【季語=大寒(冬)】

    大寒の一戸もかくれなき故郷飯田龍太(『童眸』)大寒といえば…

  4. 「野崎海芋のたべる歳時記」牡蠣とほうれん草のガーリックソテー

    牡蠣とほうれん草のガーリックソテーTerrine froide de lé…

  5. 大年の夜に入る多摩の流れかな 飯田龍太【季語=大年(冬)】

    大年の夜に入る多摩の流れかな 飯田龍太(「涼夜」五月書房 1977年)…

  6. 霜柱ひとはぎくしやくしたるもの 山田真砂年【季語=霜柱(冬)】

  7. 【新連載】「野崎海芋のたべる歳時記」 パン・デピス

  8. 白息の駿馬かくれもなき曠野 飯田龍太【季語=白息(冬)】

  9. 抱く吾子も梅雨の重みといふべしや 飯田龍太【季語=梅雨(夏)】

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP