連載・よみもの

「野崎海芋のたべる歳時記」牡蠣とほうれん草のガーリックソテー


牡蠣とほうれん草のガーリックソテー

Terrine froide de légumes


きのうは寒の入り。

もっとも寒さの厳しくなる今の時期は、牡蠣のおいしい旬でもありますね。
牡蠣とほうれん草のガーリックソテー。
片栗粉をまぶしバターでカリッと焼いて、醤油の甘辛たれを絡めればできあがり。
やはり寒い時期においしくなる、ほうれん草がよく合います。

今日は関東は雪になりました。横浜でも真っ白に積もっています。松の内にこれほどの積雪があるのはこのあたりでは久しぶりなのではないでしょうか。
わが家の周りは急坂が多く、雪になると車もほとんど通らなくなります。静かな六日の夕暮れです。

雪の日暮れはいくたびも読む文のごとし  飯田龍太

季語【雪】【松の内】【六日】【寒の入り】【寒】【牡蠣】

*本記事は野崎海芋さんのInstagram( @kaiunozaki )より、ご本人の許可を得て、転載させていただいております。本家インスタもぜひご覧ください。


【執筆者プロフィール】
野崎 海芋(のざき・かいう)
フランス家庭料理教室を主宰。 「澤」俳句会同人、小澤實に師事。平成20年澤新人賞受賞。平成29年第一句集『浮上』上梓。俳人協会会員。



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第35回】松川洋酔
  2. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第6回】2018年フェブラリ…
  3. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第8回】
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【9月11日スタート】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第126回】坪井研治
  6. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第50回】 黒部峡谷と福田蓼…
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第64回】城島徹
  8. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年5月分】

おすすめ記事

  1. 雪の速さで降りてゆくエレベーター 正木ゆう子【季語=雪(冬)】
  2. 水鳥の夕日に染まるとき鳴けり 林原耒井【季語=水鳥(冬)】
  3. 【冬の季語】寒夕焼
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第65回】 福岡と竹下しづの女
  5. 【連載】久留島元のオバケハイク【第4回】「野槌」
  6. 【春の季語】蜷
  7. 【秋の季語】西瓜/西瓜畑 西瓜番 西瓜売
  8. 幼子の手の腥き春の空 飯島晴子【季語=春の空(春)】
  9. 【第3回】墓参り吟行/ローゼン千津
  10. 好きな繪の賣れずにあれば草紅葉 田中裕明【季語=草紅葉(秋)】

Pickup記事

  1. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第9回】
  2. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月23日配信分】
  3. 杜鵑草遠流は恋の咎として 谷中隆子【季語=杜鵑草(秋)】
  4. なきがらや秋風かよふ鼻の穴 飯田蛇笏【季語=秋風(秋)】
  5. 【春の季語】葱の花
  6. 【夏の季語】夏木立
  7. 【春の季語】復活祭
  8. 卒業歌ぴたりと止みて後は風 岩田由美【季語=卒業歌(春)】
  9. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年4月分】
  10. 花の幹に押しつけて居る喧嘩かな 田村木國【季語=花(春)】
PAGE TOP