1983年没

  1. さわやかにおのが濁りをぬけし鯉 皆吉爽雨【季語=爽やか(秋)】

    さわやかにおのが濁りをぬけし鯉皆吉爽雨 週末に体調を崩した。リハビリ代わりに散歩したいところだがまだ暑くて体力的にも無理がかかりそう。そこで懸案の部屋掃除に着手した。不要な書類がどっさりでてきた。い…

  2. めぐりあひやその虹七色七代まで 中村草田男【季語=虹(夏)】

    めぐりあひやその虹七色七代まで)中村草田男 中村草田男は昭…

  3. 折々己れにおどろく噴水時の中 中村草田男【季語=噴水(夏)】

    折々己れにおどろく噴水時の中)中村草田男 草田男は第8句集…

  4. 白夜の忠犬百骸挙げて石に近み 中村草田男【季語=白夜(夏)】

    白夜の忠犬百骸挙げて石に近み)中村草田男 第8句集『時機(…

  5. 「我が毒」ひとが薄めて名薬梅雨永し 中村草田男【季語=梅雨(夏)】

    「我が毒」ひとが薄めて名薬梅雨永し)中村草田男 「萬緑」創…

  6. 鶏鳴の多さよ夏の旅一歩 中村草田男【季語=夏の旅(夏)】

  7. 虹の後さづけられたる旅へ発つ 中村草田男【季語=虹(夏)】

  8. 妻のみ恋し紅き蟹などを歎かめや 中村草田男【季語=蟹(夏)】

  9. 田を植ゑるしづかな音へ出でにけり 中村草田男【季語=田植(夏)】

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】数え日
  2. 【春の季語】雛飾る
  3. 帰農記にうかと木の芽の黄を忘ず 細谷源二【季語=木の芽(春)】
  4. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第5回】
  5. みちのくに戀ゆゑ細る瀧もがな 筑紫磐井【季語=滝(夏)】

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第106回】後藤章
  2. 血を血で洗ふ絨毯の吸へる血は 中原道夫【季語=絨毯(冬)】
  3. 泥に降る雪うつくしや泥になる 小川軽舟【季語=雪(冬)】
  4. 此木戸や錠のさされて冬の月 其角【季語=冬の月(冬)】
  5. 【春の季語】蛇穴を出る
PAGE TOP