【夏の季語】空蟬/蟬の殻 蟬の抜殻

【解説】蟬のぬけがらのこと。

【関連季語】蟬など。

【空蟬】
空蟬のいづれも力抜かずゐる   阿部みどり女
空蝉に雨水たまり透きとほる    篠原梵
空蝉のなかあはあはと風が吹く   鍵和田秞子
かりそめに空蝉を置く山河かな   齋藤愼爾
父の木とよぶ空蝉があまたの木   折原あきの
ふるさとにわが空蝉は突伏して   正木ゆう子
空蟬やいのち見事に抜けゐたり  片山由美子
花とみまがふうつせみの形あり   中田剛
空蟬を集めすぎたる家族かな   岡田由季
空蟬と分らぬほどの砕けやう   小川春休

関連記事

サイト内検索はこちら↓

アーカイブ

サイト内検索はこちら↓

ページ上部へ戻る