ハイクノミカタ

かき氷日本を捨てる話して 橋本直【季語=かき氷(夏)】


かき氷日本を捨てる話して

橋本直


かつて寺山修司は「身捨つるほどの祖国はありや」と言ったけれど、そこで取り合わせられていた情景は「マッチ擦るつかのま海に霧ふかし」という幻影的なものだった。いまやそのようなロマンティシズムが、ある種の日本礼賛論のほうに結びついていることと、この句の「かき氷」の現実感は対照的である。

体温が下がって冷静になりつつ、かき氷という「はかないもの」が国家の危うさと二重映しになっていく。

近年の「この国から出ていけ」という排外主義の増長を思うと、「捨てる話」をしているのは作者の外国籍の友人なのかもしれないけれど、日本国籍を持つ人だってわりと本気で「日本を捨てる話」をする時代になりつつある。

もちろん、かき氷の名店というのは、今でもたくさんあるのだが、しかし一方で「かき氷」には、スイーツという言葉さえまだ存在していなかった、昭和的な郷愁が感じられるのも事実だ。ちなみに作者は1967年生まれ。

作者の少年期を過ごした1970年代から、2020年という半世紀(!)のあいだに、「祖国」はどういう歴史を辿ってきたのか、という問いもまた浮かぶ。

高度経済成長を経て、バブル崩壊、そして失われた20年(以上)。

グローバル化が進み、単一の国家や言語に縛られる時代はとっくに終わっているのだが(いま手元にあるスマホの部品がいったいどの大陸から来たものか、考えてみるといい)、しかし全員がそのような環境にいるわけではない。

現実の反動として、幻想としての「祖国」がインターネット上に立ち上がり、その一部の人々は、現実空間でも「排外主義」を政治行動として表明しようとする。

日本だけの話ではない。アメリカでも、フランスでも、デンマークでも、ギリシャでも起こっていることだ。政治家たちのなかにも、そのような排外的な方法でしか、支持を集められない人々が増えている。

さて、俳句の世界はどうか。俳句は日本固有の文化だから、「外国人」には理解できない、あるいは日本語以外で詠まれるハイクは「俳句」とは別物だ、と考えたりはしていないだろうか。

もちろん、同じではない。同じではないが、それを興味の対象の外へと呆気なく外してしまえば、冒頭の日本礼賛的なロマンティシズムへと陥る危険性を、孕んでいたりはしないだろうか。

一度、かき氷で頭を冷やしながら考えてみる必要がありそうだ。

『符籙』(2020)所収。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 天高し鞄に辞書のかたくある 越智友亮【季語=天高し(秋)】
  2. 観音か聖母か岬の南風に立ち 橋本榮治【季語=南風(夏)】
  3. 子規逝くや十七日の月明に 高浜虚子【季語=月明(秋)】
  4. 水鳥の和音に還る手毬唄 吉村毬子
  5. ものゝふの掟はしらず蜆汁 秦夕美【季語=蜆汁(春)】
  6. 開墾のはじめは豚とひとつ鍋 依田勉三
  7. 麦からを焼く火にひたと夜は来ぬ 長谷川素逝【季語=麦からを焼く?…
  8. 肩につく影こそばゆし浜日傘 仙田洋子【季語=浜日傘(夏)】

おすすめ記事

  1. 颱風の去つて玄界灘の月 中村吉右衛門【季語=颱風・月(秋)】
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第58回】 秩父と金子兜太
  3. 【冬の季語】水洟
  4. 秋草のはかなかるべき名を知らず 相生垣瓜人【季語=秋草(秋)】
  5. 逢曳や冬鶯に啼かれもし 安住敦【季語=冬鶯(冬)】
  6. 【連載】久留島元のオバケハイク【第3回】「雪女」
  7. 一天の玉虫光り羽子日和 清崎敏郎【季語=羽子板(新年)】
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第42回】黒岩徳将
  9. 夕凪を櫂ゆくバター塗るごとく 堀本裕樹【季語=夕凪(夏)】
  10. 起座し得て爽涼の風背を渡る 肥田埜勝美【季語=爽涼(秋)】

Pickup記事

  1. 鹿の映れるまひるまのわが自転車旅行 飯島晴子【季語=鹿(秋)】
  2. 【冬の季語】熊穴に入る
  3. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第6回】
  4. 【春の季語】蜷
  5. 【夏の季語】海の日
  6. 火達磨となれる秋刀魚を裏返す 柴原保佳【季語=秋刀魚(秋)】
  7. めぐりあひやその虹七色七代まで 中村草田男【季語=虹(夏)】
  8. 【新連載】きょうのパン句。【#1】BEAVER BREAD
  9. あぢさゐはすべて残像ではないか 山口優夢【季語=紫陽花(夏)】
  10. 小鳥来る薄き机をひからせて 飯島晴子【季語=小鳥来る(秋)】
PAGE TOP