ハイクノミカタ

ガンダムの並ぶ夜業の机かな 矢野玲奈【季語=夜業(秋)】


ガンダムの並ぶ夜業の机かな

矢野玲奈


句会では、名前を伏せて投句と選句を行うけれど、この手の句は句会の前後で評価ががらりと変わるように思う。

「ガンダム」というのは、基本的には男性ファンが多いアニメ作品なので、作者が男性か女性かで、意味合いが変わってくるからである。もし、作者がアムロやシャアを、あるいはセイラやカミーユを愛する「男性」であれば単なる駄句となるが、しかし「女性」であれば、ガンダムに対する批評的な距離感が生まれる。いっとき流行った言い回しを借りれば、「ベタ」ではなく「ネタ」だ、ということである。

「机」があるから事務職であるだろうけど、それが同僚の男性の机なら「いい大人が何やってんだ」という冷ややかな目線が思われるし、もしも自分の机なら、あくまで「なりゆきで」置かれているにすぎない(と思われる)。つまりこの句の面白さは、句それ自体にあるというよりは、句の内容から逆算して、「ガンダムから最も遠いところにいる(女性の)作者像」を想像することによって、いっそう増すということになる。

この場合、俳句の面白さは、対象と作者との距離感にあるのであって、俳句の言葉そのものにあるのではない。子規の「鶏頭」の句もそうだと思うが、句のなかに「人間」が描きこまれている場合には、その人の生きている時代や環境、職業や属性などもまた「テクスト」の一部を織り成している。

「ガンダムの並ぶ夜業の机」というのは、ざっくりといえば、「一般職」ではなく「総合職」として遅くまで働く女性の姿であり、そこにはまだ男性優位の労働環境で「対等」に働こうとする、(男女雇用機会均等法以後の日本社会に生きる)女性の意志が暗示されている。

そう思えば、この「ガンダム=モビルスーツ」は、単なるオブジェでもなければ、もとより少年の愛玩物などでもない。

まさに、作者自身が「モビルスーツ」を着なければ、働くことができない状況が現に存在している以上、機動戦士は作者自身でもあるのだ。と思うと、この句からは作者の不満や静かな怒りが、込み上げてくるようにも思える。『森を離れて』(2015)より。(堀切克洋)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 冬真昼わが影不意に生れたり 桂信子【季語=冬の昼(冬)】
  2. 紐の束を括るも紐や蚯蚓鳴く 澤好摩【季語=蚯蚓鳴く(秋)】
  3. 許したい許したい真っ青な毛糸 神野紗希【季語=毛糸(冬)】
  4. 白夜の忠犬百骸挙げて石に近み 中村草田男【季語=白夜(夏)】
  5. 枯芦の沈む沈むと喚びをり 柿本多映【季語=枯芦(冬)】
  6. 蟲鳥のくるしき春を不爲 高橋睦郎【季語=春(春)】
  7. 非常口に緑の男いつも逃げ 田川飛旅子【季語=緑(夏)?】
  8. あしかびの沖に御堂の潤み立つ しなだしん【季語=蘆牙(春)】

おすすめ記事

  1. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第8回】
  2. 【夏の季語】夏の月
  3. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【12】/飛鳥蘭(「銀漢」同人)
  4. 枯葉言ふ「最期とは軽いこの音さ」 林翔【季語=枯葉(冬)】
  5. 梅の径用ありげなる人も行く 今井つる女【季語=梅 (春)】
  6. コスモスのゆれかはしゐて相うたず      鈴鹿野風呂【季語=コスモス(秋)】
  7. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第13回】神戸と西東三鬼
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第109回】川嶋ぱんだ
  9. 草餅や不参遅参に会つぶれ 富永眉月【季語=草餅(春)】
  10. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第20回】遠賀川と野見山朱鳥

Pickup記事

  1. 郭公や何処までゆかば人に逢はむ 臼田亜浪【季語=郭公(夏)】
  2. 【春の季語】春分
  3. ひかり野へきみなら蝶に乗れるだろう 折笠美秋【季語=蝶(春)】
  4. 流氷や宗谷の門波荒れやまず 山口誓子【季語=流氷(春)】
  5. 東風を負ひ東風にむかひて相離る   三宅清三郎【季語=東風(春)】
  6. 死も佳さそう黒豆じっくり煮るも佳し 池田澄子【季語=黒豆(新年)】
  7. イエスほど痩せてはをらず薬喰 亀田虎童子【季語=薬喰(冬)】
  8. アロハ来て息子の嫁を眺めをり 西村麒麟【季語=アロハ(夏)】
  9. 米国のへそのあたりの去年今年 内村恭子【季語=去年今年(冬)】
  10. 水道水細し残暑の体育館 野澤みのり【季語=残暑(秋)】
PAGE TOP