ハイクノミカタ

サマーセーター前後不明を着こなしぬ 宇多喜代子【季語=サマーセーター(夏)】


サマーセーター前後不明を着こなしぬ

宇多喜代子 


サマーセーターは素っ気ない。

とくに丸首の、ゆったりした素材のセーターならば、よくよく見て着たのに、前後が逆だったりすることがあるだろう。

まあ実際には、着てみて前後逆であることがわかれば、ぐるりと回して正しい方向で着るのだろうけれど着てみて、やっぱり確信がもてないというのも何だかおかしいし、それでいて内心まあいいやと思っている、そんな女性の心持ちにも憧れてしまう。

「着こなしぬ」と文語調で収めたことよって、ますます馬鹿馬鹿しく感じられるのも、ちょっとしたポイント。

こういう一句と出会うと、自分も「サマーセーター」を季語として使ってみたくなってしまう。角川「俳句」2020年8月号より。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 未生以前の石笛までも刎ねる 小野初江
  2. みかんいろのみかんらしくうずもれている 岡田幸生【季語=蜜柑(冬…
  3. 新蕎麦のそば湯を棒のごとく注ぎ 鷹羽狩行【季語=新蕎麦(秋)】
  4. 石よりも固くなりたき新松子 後藤比奈夫【季語=新松子(秋)】
  5. 影ひとつくださいといふ雪女 恩田侑布子【季語=雪女(冬)】
  6. 松葉屋の女房の円髷や酉の市 久保田万太郎【季語=酉の市(冬)】
  7. つちふるや自動音声あかるくて 神楽坂リンダ【季語=霾(春)】
  8. 真っ黒な鳥が物言う文化の日 出口善子【季語=文化の日(秋)】

おすすめ記事

  1. からたちの花のほそみち金魚売 後藤夜半【季語=金魚売(夏)】
  2. てつぺんにまたすくひ足す落葉焚 藺草慶子【季語=落葉焚(冬)】
  3. 冬と云ふ口笛を吹くやうにフユ 川崎展宏【季語=冬(冬)】
  4. 【新企画】コンゲツノハイク(2021年1月)
  5. 【投稿募集】アゴラ・ポクリット
  6. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第30回】暗峠と橋閒石
  7. 【連載】新しい短歌をさがして【15】服部崇
  8. 冴返るまだ粗玉の詩句抱き 上田五千石【季語=冴返る(春)】
  9. 気を強く春の円座に坐つてゐる 飯島晴子【季語=春(春)】
  10. セーターを脱いだかたちがすでに負け 岡野泰輔【季語=セーター(冬)】

Pickup記事

  1. 虎の上に虎乗る春や筥いじり 永田耕衣【季語=春(春)】 
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年6月分】
  3. 【#25】写真の音、匂い
  4. 【春の季語】猫の子
  5. 黄金週間屋上に鳥居ひとつ 松本てふこ【季語=黄金週間(夏)】
  6. 生前の長湯の母を待つ暮春 三橋敏雄【季語=暮春(春)】
  7. 天高し男をおいてゆく女 山口昭男【季語=天高し(秋)】
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第81回】髙栁俊男
  9. 底冷えを閉じ込めてある飴細工 仲田陽子【季語=底冷(冬)】
  10. イエスほど痩せてはをらず薬喰 亀田虎童子【季語=薬喰(冬)】
PAGE TOP