ハイクノミカタ

サマーセーター前後不明を着こなしぬ 宇多喜代子【季語=サマーセーター(夏)】


サマーセーター前後不明を着こなしぬ

宇多喜代子 


サマーセーターは素っ気ない。

とくに丸首の、ゆったりした素材のセーターならば、よくよく見て着たのに、前後が逆だったりすることがあるだろう。

まあ実際には、着てみて前後逆であることがわかれば、ぐるりと回して正しい方向で着るのだろうけれど着てみて、やっぱり確信がもてないというのも何だかおかしいし、それでいて内心まあいいやと思っている、そんな女性の心持ちにも憧れてしまう。

「着こなしぬ」と文語調で収めたことよって、ますます馬鹿馬鹿しく感じられるのも、ちょっとしたポイント。

こういう一句と出会うと、自分も「サマーセーター」を季語として使ってみたくなってしまう。角川「俳句」2020年8月号より。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 美しき緑走れり夏料理 星野立子【季語=夏料理(夏)】
  2. 来て見れば来てよかりしよ梅椿 星野立子【季語=梅・椿(春)】
  3. 五十なほ待つ心あり髪洗ふ 大石悦子【季語=髪洗ふ(夏)】
  4. 葛の花来るなと言つたではないか 飯島晴子【季語=葛の花(秋)】
  5. 初夢のあとアボカドの種まんまる 神野紗希【季語=初夢(新年)】
  6. ひっくゝりつっ立てば早案山子かな 高田蝶衣【季語=案山子(秋)】…
  7. 鶯や米原の町濡れやすく 加藤喜代子【季語=鶯(春)】
  8. 言葉がわからないので笑うてわかれる露草咲いてゐる 種田山頭火【季…

おすすめ記事

  1. 秋虱痼  小津夜景【季語=秋虱(秋)】
  2. マフラーの長きが散らす宇宙塵 佐怒賀正美【季語=マフラー(冬)】
  3. 茅舎忌の猛暑ひきずり草田男忌 竹中宏【季語=草田男忌(夏)】
  4. 霧晴れてときどき雲を見る読書 田島健一【季語=霧(秋)】
  5. よもに打薺もしどろもどろ哉 芭蕉【季語=薺打つ(新年)】
  6. しろがねの盆の無限に夏館 小山玄紀【季語=夏館(夏)】
  7. 行く春や鳥啼き魚の目は泪 芭蕉【季語=行く春(春)】
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第86回】有澤志峯
  9. 【連載】新しい短歌をさがして【8】服部崇
  10. 赤き茸礼讃しては蹴る女 八木三日女【季語=茸(秋)】

Pickup記事

  1. 日光に底力つく桐の花 飯島晴子【季語=桐の花(夏)】
  2. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#17
  3. 雛飾る手の数珠しばしはづしおき 瀬戸内寂聴【季語=雛飾る(春)】
  4. 【春の季語】シクラメン
  5. 青葉冷え出土の壺が山雨呼ぶ 河野南畦【季語=青葉冷(夏)】
  6. 泥に降る雪うつくしや泥になる 小川軽舟【季語=雪(冬)】
  7. アルプスの雪渓見えてくる離陸 稲畑汀子【季語=雪渓(夏)】
  8. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2021年9月分】
  9. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第62回】 佐渡と岸田稚魚
  10. 【冬の季語】枯木
PAGE TOP