ハイクノミカタ

サマーセーター前後不明を着こなしぬ 宇多喜代子【季語=サマーセーター(夏)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

サマーセーター前後不明を着こなしぬ

宇多喜代子 


サマーセーターは素っ気ない。

とくに丸首の、ゆったりした素材のセーターならば、よくよく見て着たのに、前後が逆だったりすることがあるだろう。

まあ実際には、着てみて前後逆であることがわかれば、ぐるりと回して正しい方向で着るのだろうけれど着てみて、やっぱり確信がもてないというのも何だかおかしいし、それでいて内心まあいいやと思っている、そんな女性の心持ちにも憧れてしまう。

「着こなしぬ」と文語調で収めたことよって、ますます馬鹿馬鹿しく感じられるのも、ちょっとしたポイント。

こういう一句と出会うと、自分も「サマーセーター」を季語として使ってみたくなってしまう。角川「俳句」2020年8月号より。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 引越の最後に子猫仕舞ひけり 未来羽【季語=子猫(春)】
  2. 両の眼の玉は飴玉盛夏過ぐ 三橋敏雄【季語=盛夏(夏)】
  3. 悲しみもありて松過ぎゆくままに 星野立子【季語=松過(新年)】
  4. 帰農記にうかと木の芽の黄を忘ず 細谷源二【季語=木の芽(春)】
  5. 同じ事を二本のレール思はざる 阿部青鞋
  6. t t t ふいにさざめく子らや秋 鴇田智哉
  7. 菜の花や月は東に日は西に 与謝蕪村【季語=菜の花(春)】
  8. あきかぜの疾渡る空を仰ぎけり 久保田万太郎【季語=秋風(秋)】

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP