ハイクノミカタ

夏しんと遠くめぐらす朝の森 大牧広【季語=夏の朝(夏)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eye-2horikiri--1024x538.png

夏しんと遠くめぐらす朝の森

大牧広


大牧広(1931-2019)最後の句集となった『朝の森』の表題句である。朝の森は静かで、ほの暗く、人気がない。昼にもなれば照りつけるような太陽の光は、森の「遠く」を取り囲んでいる。作者は、森のなかを歩いていると同時に、その外から迫りくる「夏」までも見ている。『朝の森』(2018年)より。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ふところに乳房ある憂さ梅雨ながき 桂信子【季語=梅雨(夏)】
  2. 恐るべき八十粒や年の豆 相生垣瓜人【季語=年の豆(冬)】
  3. 紅葉の色きはまりて風を絶つ 中川宋淵【季語=紅葉(秋)】
  4. アロハ来て息子の嫁を眺めをり 西村麒麟【季語=アロハ(夏)】
  5. かき冰青白赤や混ぜれば黎 堀田季何【季語=かき氷(夏)】
  6. 菊人形たましひのなき匂かな 渡辺水巴【季語=菊人形(秋)】
  7. 扇子低く使ひぬ夫に女秘書 藤田直子【季語=扇子(夏)】
  8. 兎の目よりもムンクの嫉妬の目 森田智子【季語=兎(新年)】

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP