ハイクノミカタ

夏しんと遠くめぐらす朝の森 大牧広【季語=夏の朝(夏)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eye-2horikiri--1024x538.png

夏しんと遠くめぐらす朝の森

大牧広


大牧広(1931-2019)最後の句集となった『朝の森』の表題句である。朝の森は静かで、ほの暗く、人気がない。昼にもなれば照りつけるような太陽の光は、森の「遠く」を取り囲んでいる。作者は、森のなかを歩いていると同時に、その外から迫りくる「夏」までも見ている。『朝の森』(2018年)より。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 来よ来よと梅の月ヶ瀬より電話 田畑美穂女【季語=梅 (春)】
  2. 置替へて大朝顔の濃紫 川島奇北【季語=朝顔(秋)】
  3. 自転車の片足大地春惜しむ 松下道臣【季語=春惜しむ(春)】
  4. 澤龜の萬歳見せう御國ぶり 正岡子規【季語=萬歳(新年)】
  5. 花の影寝まじ未来が恐しき 小林一茶【季語=花の影(春)】
  6. 春雷や刻来り去り遠ざかり 星野立子【季語=春雷(春)】
  7. あかくあかくカンナが微熱誘ひけり 高柳重信【季語=カンナ(秋)…
  8. 白息の駿馬かくれもなき曠野 飯田龍太【季語=白息(冬)】

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP