ハイクノミカタ

夏しんと遠くめぐらす朝の森 大牧広【季語=夏の朝(夏)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eye-2horikiri--1024x538.png

夏しんと遠くめぐらす朝の森

大牧広


大牧広(1931-2019)最後の句集となった『朝の森』の表題句である。朝の森は静かで、ほの暗く、人気がない。昼にもなれば照りつけるような太陽の光は、森の「遠く」を取り囲んでいる。作者は、森のなかを歩いていると同時に、その外から迫りくる「夏」までも見ている。『朝の森』(2018年)より。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 一臓器とも耕人の皺の首 谷口智行【季語=耕人(春)】
  2. 一番に押す停車釦天の川 こしのゆみこ【季語=天の川 (秋)】
  3. 大利根にほどけそめたる春の雲 安東次男【季語=春の雲(春)】
  4. 耳立てて林檎の兎沈めおり 対馬康子【季語=林檎(秋)】
  5. ポメラニアンすごい不倫の話きく 長嶋有
  6. 産みたての卵や一つ大新緑 橋本夢道【季語=新緑(夏)】
  7. 両の眼の玉は飴玉盛夏過ぐ 三橋敏雄【季語=盛夏(夏)】
  8. ひめはじめ昔男に腰の物 加藤郁乎【季語=ひめ始(新年)】

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP