ハイクノミカタ

夏しんと遠くめぐらす朝の森 大牧広【季語=夏の朝(夏)】

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eye-2horikiri--1024x538.png

夏しんと遠くめぐらす朝の森

大牧広


大牧広(1931-2019)最後の句集となった『朝の森』の表題句である。朝の森は静かで、ほの暗く、人気がない。昼にもなれば照りつけるような太陽の光は、森の「遠く」を取り囲んでいる。作者は、森のなかを歩いていると同時に、その外から迫りくる「夏」までも見ている。『朝の森』(2018年)より。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 春菊や料理教室みな男 仲谷あきら【季語=春菊(春)】
  2. ワイシャツに付けり蝗の分泌液 茨木和生【季語=蝗(秋)】
  3. さくら餅たちまち人に戻りけり 渋川京子【季語=桜餅(春)】 
  4. 突として西洋にゆく暖炉かな 片岡奈王【季語=暖炉(冬)】
  5. 蕎麦碾くや月山はうつすらと雪 佐藤郁良【季語=雪(冬)】 
  6. 茅舎忌の猛暑ひきずり草田男忌 竹中宏【季語=草田男忌(夏)】
  7. 風光りすなはちもののみな光る 鷹羽狩行【季語=風光る(春)】
  8. 夕凪を櫂ゆくバター塗るごとく 堀本裕樹【季語=夕凪(夏)】

おすすめ記事

  1. 【春の季語】初蝶
  2. 「月光」旅館/開けても開けてもドアがある 高柳重信
  3. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年5月分】
  4. 秋櫻子の足あと【第2回】谷岡健彦
  5. 【冬の季語】寒
  6. へうたんも髭の男もわれのもの 岩永佐保【季語=瓢箪(秋)】
  7. 【秋の季語】臭木の花/花臭木 常山木の花
  8. こすれあく蓋もガラスの梅雨曇 上田信治【季語=梅雨曇(夏)】
  9. 「パリ子育て俳句さんぽ」【9月18日配信分】
  10. 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(4)

Pickup記事

  1. しんじつを籠めてくれなゐ真弓の実 後藤比奈夫【季語=真弓の実(秋)】
  2. 【春の季語】囀
  3. 稲妻となつてお前を喜ばさう 竹岡一郎【季語=稲妻(秋)】
  4. 【夏の季語】サマーセーター/サマーニット
  5. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第4回】
  6. まだ固き教科書めくる桜かな 黒澤麻生子【季語=桜(春)】
  7. 九十の恋かや白き曼珠沙華 文挾夫佐恵【季語=曼珠沙華(秋)】
  8. 【第11回】ラジオ・ポクリット【新年会2023】
  9. ライターを囲ふ手のひら水温む 斉藤志歩【季語=水温む(春)】
  10. 【#41】真夏の個人的な過ごし方
PAGE TOP