ハイクノミカタ

曳けとこそ綱一本の迎鐘 井上弘美【季語=迎鐘(秋)】


曳けとこそ綱一本の迎鐘  

井上弘美 


季語は「迎鐘」。精霊会に際して、死者の霊を冥土から迎えるためにつき鳴らす鐘である。8月7日から10日まで(陰暦では7月9日、10日にやっていた)、六道参りに六道珍皇寺でつく鐘が特に有名なため、俳句では「六道参(ろくどうまいり)」の副季語とされている。「お精霊(しょらい)さん」を迎えるために引くのは「綱一本」。あたかも御先祖のほうが「早く曳け」と言っているように感じられるところが面白味だ。技巧としては「曳けとこそ」という言い差しの表現が、かえって感情的な強度を増している。これが「曳けといふ」では、少し野暮ったくなってしまう。やはり、「こそ」がいいのだ。ちなみに、600年以上の歴史ある行事だが、今年は新型コロナウイルスのためにオンラインで開催中。なお、作者には『季語になった京都千年の歳事』(2017)の著書もあり、美しい写真を配した京の文化ガイドとしても必携である。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 蝌蚪の紐掬ひて掛けむ汝が首に 林雅樹【季語=蝌蚪(春)】
  2. シャワー浴ぶくちびる汚れたる昼は 櫂未知子【季語=シャワー(夏)…
  3. 気が変りやすくて蕪畠にゐる 飯島晴子【季語=蕪(冬)】
  4. 愛断たむこころ一途に野分中 鷲谷七菜子【季語=野分(秋)】
  5. バレンタインデー心に鍵の穴ひとつ 上田日差子【季語=バレンタイン…
  6. 懐石の芋の葉にのり衣被  平林春子【季語=衣被(秋)】
  7. 降る雪や玉のごとくにランプ拭く 飯田蛇笏【季語=雪降る(冬)】
  8. 仰向けに冬川流れ無一文 成田千空【季語=冬川(冬)】

おすすめ記事

  1. 【秋の季語】蕎麦の花
  2. 初島へ大つごもりの水脈を引く 星野椿【季語=大つごもり(冬)】
  3. 潮の香や野分のあとの浜畠 齋藤俳小星【季語=野分(秋)】
  4. 【新連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第1回】
  5. 【春の季語】春の雨
  6. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【10】/辻本芙紗(「銀漢」同人)
  7. 【新年の季語】七日
  8. 数へ日を二人で数へ始めけり 矢野玲奈【季語=数へ日(冬)】
  9. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月22日配信分】
  10. 白萩を押してゆく身のぬくさかな 飯島晴子【季語=白萩(秋)】

Pickup記事

  1. 【冬の季語】凩(木枯)
  2. 雪兎なんぼつくれば声通る 飯島晴子【季語=雪兎(冬)】
  3. 最終回みたいな街に鯨来る 斎藤よひら【季語=鯨(冬)】
  4. ばばばかと書かれし壁の干菜かな   高濱虚子【季語=干菜(冬)】
  5. 秋蝶のちひさき脳をつまみけり 家藤正人【季語=秋蝶(秋)】
  6. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年4月分】
  7. 靴音を揃えて聖樹まで二人 なつはづき【季語=聖樹(冬)】
  8. 一臓器とも耕人の皺の首 谷口智行【季語=耕人(春)】
  9. 節分の鬼に金棒てふ菓子も 後藤比奈夫【季語=節分(冬)】
  10. 【秋の季語】末枯る
PAGE TOP