ハイクノミカタ

曳けとこそ綱一本の迎鐘 井上弘美【季語=迎鐘(秋)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

曳けとこそ綱一本の迎鐘  

井上弘美 


季語は「迎鐘」。精霊会に際して、死者の霊を冥土から迎えるためにつき鳴らす鐘である。8月7日から10日まで(陰暦では7月9日、10日にやっていた)、六道参りに六道珍皇寺でつく鐘が特に有名なため、俳句では「六道参(ろくどうまいり)」の副季語とされている。「お精霊(しょらい)さん」を迎えるために引くのは「綱一本」。あたかも御先祖のほうが「早く曳け」と言っているように感じられるところが面白味だ。技巧としては「曳けとこそ」という言い差しの表現が、かえって感情的な強度を増している。これが「曳けといふ」では、少し野暮ったくなってしまう。やはり、「こそ」がいいのだ。ちなみに、600年以上の歴史ある行事だが、今年は新型コロナウイルスのためにオンラインで開催中。なお、作者には『季語になった京都千年の歳事』(2017)の著書もあり、美しい写真を配した京の文化ガイドとしても必携である。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 賀の客の若きあぐらはよかりけり 能村登四郎【季語=賀客(新年)】…
  2. 目つぶりて春を耳嚙む処女同志 高篤三【季語=春(春)】
  3. 短日のかかるところにふとをりて 清崎敏郎【季語=短日(冬)】
  4. ピーマンの中の空気は忘れもの 能村研三【季語=ピーマン(夏)】
  5. 水の地球すこしはなれて春の月 正木ゆう子【季語=春の月(春)】
  6. 枯野から信長の弾くピアノかな 手嶋崖元【季語=枯野(冬)】
  7. 星老いる日の大蛤を生みぬ 三枝桂子【季語=蛤(春)】
  8. ひめはじめ昔男に腰の物 加藤郁乎【季語=ひめ始(新年)】

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP