ハイクノミカタ

曳けとこそ綱一本の迎鐘 井上弘美【季語=迎鐘(秋)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

曳けとこそ綱一本の迎鐘  

井上弘美 


季語は「迎鐘」。精霊会に際して、死者の霊を冥土から迎えるためにつき鳴らす鐘である。8月7日から10日まで(陰暦では7月9日、10日にやっていた)、六道参りに六道珍皇寺でつく鐘が特に有名なため、俳句では「六道参(ろくどうまいり)」の副季語とされている。「お精霊(しょらい)さん」を迎えるために引くのは「綱一本」。あたかも御先祖のほうが「早く曳け」と言っているように感じられるところが面白味だ。技巧としては「曳けとこそ」という言い差しの表現が、かえって感情的な強度を増している。これが「曳けといふ」では、少し野暮ったくなってしまう。やはり、「こそ」がいいのだ。ちなみに、600年以上の歴史ある行事だが、今年は新型コロナウイルスのためにオンラインで開催中。なお、作者には『季語になった京都千年の歳事』(2017)の著書もあり、美しい写真を配した京の文化ガイドとしても必携である。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 露地裏を夜汽車と思ふ金魚かな 攝津幸彦【季語=金魚(夏)】
  2. ぼんやりと夏至を過せり脹脛 佐藤鬼房【季語=夏至(夏)】
  3. 美しき緑走れり夏料理 星野立子【季語=夏料理(夏)】
  4. いつまでも狐の檻に襟を立て 小泉洋一【季語=狐(冬)】
  5. 草も木も人も吹かれてゐて涼し 日下野由季【季語=涼し(夏)】
  6. えりんぎはえりんぎ松茸は松茸 後藤比奈夫【季語=松茸(秋)】
  7. 蚊を食つてうれしき鰭を使ひけり 日原傳【季語=蚊(夏)】
  8. 鵙の贄太古のごとく夕来ぬ 清原枴童【季語=鵙の贄(秋)】

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP