ハイクノミカタ

肩につく影こそばゆし浜日傘 仙田洋子【季語=浜日傘(夏)】

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eye-2horikiri--1024x538.png

肩につく影こそばゆし浜日傘 

仙田洋子


肩にちらつく影が「こそばゆく」感じるのは、誰の影だろうか。何やら初々しい恋人どうし、という見方もあるだろうが、おそらくそういう句が作れるのは10代か20代の半ばまでで、しかもその場合はそれほど面白い句ではなく、幸せそうでいいね、で終わってしまう。掲句の影の正体は、おそらく成長中の息子である。それも第二次性徴期にさしかかっているようなお年ごろの。ちょっと近親相姦っぽい「あやうさ」がこの句には感じられるのがいい。と書いてしまったが、この句は実をいうと、〈百年は生きよみどりご春の月〉で知られる作者の「出産前」の句集に収められている。作者の人生を超えたところにある読みもまた、俳句の面白さ。『橋のあなたに』(1991)所収。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 曳けとこそ綱一本の迎鐘 井上弘美【季語=迎鐘(秋)】
  2. 紅梅や凍えたる手のおきどころ 竹久夢二【季語=紅梅(春)】
  3. いつ渡そバレンタインのチョコレート 田畑美穂女【季語=バレンタイ…
  4. 取り除く土の山なす朧かな 駒木根淳子【季語=朧(春)】
  5. 酒よろしさやゑんどうの味も好し 上村占魚【季語=豌豆(夏)】
  6. 巡査つと来てラムネ瓶さかしまに 高濱虚子【季語=ラムネ(夏)】
  7. 而して蕃茄の酸味口にあり 嶋田青峰【季語=トマト(夏)】
  8. エッフェル塔見ゆる小部屋に雛飾り 柳田静爾楼【季語=雛飾り(春)…

おすすめ記事

  1. 【第3回】ラジオ・ポクリット(ゲスト: 成田一子さん)
  2. 【秋の季語】露草/月草 ほたる草 ばうし花
  3. 【連載】俳人のホンダナ!#2 小谷由果
  4. 或るときのたつた一つの干葡萄 阿部青鞋
  5. 南海多感に物象定か獺祭忌 中村草田男【季語=獺祭忌(秋)】
  6. 【新年の季語】繭玉
  7. 片手明るし手袋をまた失くし 相子智恵【季語=手袋(冬)】
  8. 【春の季語】春二番
  9. 春の日やあの世この世と馬車を駆り 中村苑子【季語=春の日(春)】
  10. 替へてゐる畳の上の冬木影 浅野白山【季語=冬木(冬)】

Pickup記事

  1. 取り除く土の山なす朧かな 駒木根淳子【季語=朧(春)】
  2. 胸の炎のボレロは雪をもて消さむ 文挾夫佐恵【季語=雪(冬)】
  3. 対岸の比良や比叡や麦青む 対中いずみ【季語=麦青む(春)】 
  4. 【冬の季語】数え日
  5. 【秋の季語】立秋
  6. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第10回】
  7. 底冷えを閉じ込めてある飴細工 仲田陽子【季語=底冷(冬)】
  8. 故郷のすすしの陰や春の雪 原石鼎【季語=春の雪(春)】 
  9. 【冬の季語】日短
  10. 【夏の季語】涼しさ
PAGE TOP