ハイクノミカタ

肩につく影こそばゆし浜日傘 仙田洋子【季語=浜日傘(夏)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eye-2horikiri--1024x538.png

肩につく影こそばゆし浜日傘 

仙田洋子


肩にちらつく影が「こそばゆく」感じるのは、誰の影だろうか。何やら初々しい恋人どうし、という見方もあるだろうが、おそらくそういう句が作れるのは10代か20代の半ばまでで、しかもその場合はそれほど面白い句ではなく、幸せそうでいいね、で終わってしまう。掲句の影の正体は、おそらく成長中の息子である。それも第二次性徴期にさしかかっているようなお年ごろの。ちょっと近親相姦っぽい「あやうさ」がこの句には感じられるのがいい。と書いてしまったが、この句は実をいうと、〈百年は生きよみどりご春の月〉で知られる作者の「出産前」の句集に収められている。作者の人生を超えたところにある読みもまた、俳句の面白さ。『橋のあなたに』(1991)所収。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 野の落暉八方へ裂け 戰爭か 楠本憲吉
  2. 葛の花むかしの恋は山河越え 鷹羽狩行【季語=葛の花(秋)】
  3. 春雷や刻来り去り遠ざかり 星野立子【季語=春雷(春)】
  4. 野分吾が鼻孔を出でて遊ぶかな 永田耕衣【季語=野分(秋)】
  5. 隠岐やいま木の芽をかこむ怒濤かな 加藤楸邨【季語=木の芽(春)】…
  6. 香水の一滴づつにかくも減る 山口波津女【季語=香水(夏)】
  7. 蛇の衣傍にあり憩ひけり 高濱虚子【季語=蛇の衣(夏)】
  8. 止まり木に鳥の一日ヒヤシンス  津川絵理子【季語=ヒヤシンス(春…

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP