ハイクノミカタ

萩に雨こんな日もなければ困る 中原道夫【季語=萩(秋)】


萩に雨こんな日もなければ困る

中原道夫


後半の「こんな日もなければ困る」という12音は、「5・7」のリズムには当てはまるが、「7・5」に当てはめてみると、たちまち「自由律俳句」に接近する。

「こんな日もなければ/困る」と、少し間をおいたうえで「…困る」という部分が強調され、つまるところ、呟きや独白のような発話になるからだ。

実際に、この部分は内容的に、作者の「ひとりごと」、小難しくいえば内面の吐露であるから、それが七五調のリズムに収納されてしまうと、たちまち嘘っぽくなってしまう。

その「嘘っぽさ」から離反するところに、この句の巧さがある。それに駄目を押すのが、上五の「萩に雨」だ。

「萩の雨」という名詞だと、言葉の約束性が強くなりすぎてしまい、せっかくの「ひとりごと」感が損なわれてしまう。

結果として、「萩に雨(が降っている)、こんな日もなければ困る」という小説の一節のようなフィクションの世界が、立ち上がる。

ちなみに、〈萩の雨傘さして庭一廻り〉は、中村吉右衛門の句。

こちらは、型を重んじる歌舞伎役者の句だから、というわけではないが、やはり「萩の雨」のほうが合っている。

『一夜劇』(2016)より。

(堀切克洋)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 天籟を猫と聞き居る夜半の冬 佐藤春夫【季語=夜半の冬(冬)】
  2. はやり風邪下着上着と骨で立つ 村井和一【季語=流行風邪(冬)】
  3. ふゆの春卵をのぞくひかりかな 夏目成美【季語=冬の春(冬)】
  4. 馴染むとは好きになること味噌雑煮 西村和子【季語=雑煮(新年)】…
  5. 冬深し柱の中の波の音 長谷川櫂【季語=冬深し(冬)】
  6. 古暦金本選手ありがたう 小川軽舟【季語=古暦(冬)】
  7. 一天の玉虫光り羽子日和 清崎敏郎【季語=羽子板(新年)】
  8. おもかげや姨ひとりなく月の友 松尾芭蕉【季語=月(秋)】

おすすめ記事

  1. 【秋の季語】天高し
  2. 老人がフランス映画に消えてゆく 石部明
  3. 【秋の季語】月
  4. 1 名前:名無しさん@手と足をもいだ丸太にして返し  湊圭伍
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【2月12日配信分】
  6. 【冬の季語】冬蝶
  7. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【1】/高部務(作家)
  8. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#08】書きものとガムラン
  9. 美しき緑走れり夏料理 星野立子【季語=夏料理(夏)】
  10. 【新連載】新しい短歌をさがして【1】服部崇

Pickup記事

  1. 【#36】ベトナムの5 dong ke(ナム・ヨン・ケー)と出会った時の話
  2. 【新連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第1回
  3. 秋蝶の転校生のやうに来し 大牧広【季語=秋蝶(秋)】
  4. 【春の季語】蛇穴を出づ
  5. 「野崎海芋のたべる歳時記」パテ・ド・カンパーニュ
  6. 数と俳句(四)/小滝肇
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第15回】屋内修一
  8. 特定のできぬ遺体や春の泥 高橋咲【季語=春の泥(春)】
  9. 【冬の季語】枯木立
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第42回】黒岩徳将
PAGE TOP