ハイクノミカタ

衣被我のみ古りし夫婦箸 西村和子【季語=衣被(秋)】


衣被我のみ古りし夫婦箸 

西村和子


西村和子の第8句集『わが桜』(KADOKAWA、2020年)より引いた。

作者は1948年生まれ、団塊の世代である。大学入学と同時に「慶大俳句」に入会し、清崎敏郎に師事したのは、1966年のこと。1996年、「慶大俳句」からの句友である行方克巳とともに「知音」を創刊、行方とともに代表を務めて現在に至っている。

俳句は、好意的に読みすぎてはいけない、という人もいるが、しかし私はおおいに好意的に読むべきだと思っている。

たとえば、この句のなかの「夫」はいつも仕事の帰りが遅く、せっかく買った夫婦箸も、同じ日から使い始めたばかりなのに、すり減り方のスピードがちがう。

そんな関係を思うなら、夫は働き盛り、妻は家事育児メインの生活、という感じになるだろう。

中七の表現からは、どこかで「女であること」の不利な部分、あるいはアンフェアな部分が受け入れ難い、そんな気持ちもしのばれる。

そんな読み方ができないではないが、やはりこの句の「夫」はもう亡くなってから歳月が経過していると想像してみたほうが、はるかに情深い句になるだろう。

夫婦箸のうち長い男箸のほうは、作者にとっての「形見」なのであり、それゆえにいくら傷ついても使いつづけていると思わせるところが心憎い。

実際に、第46回俳人協会賞受賞となった第4句集『心音』(角川書店、2006年)の句稿をまとめたときに、「33年の春秋を共にした夫が他界した」のだという。この句集のなかでは、33年間師事した清崎敏郎も失い、また父親もまた喪失している。

作者の初期の句には、〈熱燗の夫にも捨てし夢あらむ〉があり、また絶唱の一句は、〈林檎剥き分かつ命を分かつべく〉。その後の句に〈在りし日のまま並べ掛け夏帽子〉がある。

西村が、〈夫愛すはうれん草の紅愛す〉と詠んだ岡本眸の後継として、毎日俳壇の選者となったことは、たまたまではないのである。

私の師である伊藤伊那男もまた早くに妻を失い、〈妻に会ふためのまなぶた日向ぼこ〉〈かの日より香水減らず妻の部屋〉〈マッチ一本迎火として妻に擦る〉などの句を詠んでいる。

ともにふたりの子供を育てた「団塊の世代」の作家である。両者の相聞の句を並べてみれば、どこか合わせ鏡のようになっているようにも思われる。ここでの季語は、「愛する人のいのち」そのものだ。

角川「俳句」2020年10月号より。

(堀切克洋)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 眼のなれて闇ほどけゆく白牡丹 桑田和子【季語=白牡丹(夏)】
  2. 初夢にドームがありぬあとは忘れ 加倉井秋を【季語=初夢(新年)】…
  3. 寒月下あにいもうとのやうに寝て 大木あまり【季語=寒月(冬)】
  4. 牡丹ていっくに蕪村ずること二三片 加藤郁乎  
  5. 夏至白夜濤たちしらむ漁港かな 飯田蛇笏【季語=夏至白夜(夏)】
  6. 兎の目よりもムンクの嫉妬の目 森田智子【季語=兎(冬)】
  7. 秋うらら他人が見てゐて樹が抱けぬ 小池康生【季語=秋うらら(秋)…
  8. 紅梅の気色たゞよふ石の中 飯島晴子【季語=紅梅(春)】

おすすめ記事

  1. フラミンゴ同士暑がつてはをらず 後藤比奈夫【季語=暑し(夏)】
  2. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年12月分】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第68回】堀田季何
  4. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第6回】2018年フェブラリーステークス・ノンコノユメ
  5. 横顔は子規に若くなしラフランス 広渡敬雄【季語=ラフランス(秋)】
  6. 【第3回】墓参り吟行/ローゼン千津
  7. 【冬の季語】十一月
  8. 【春の季語】魚氷に上る
  9. 蓮根や泪を横にこぼしあひ 飯島晴子【季語=蓮根(冬)】
  10. でで虫の繰り出す肉に後れをとる 飯島晴子【季語=でで虫(夏)】

Pickup記事

  1. 薄氷の吹かれて端の重なれる 深見けん二【季語=薄氷(冬)】
  2. もの書けば余白の生まれ秋隣 藤井あかり【季語=秋隣(夏)】
  3. ひよんの実や昨日と違ふ風を見て   高橋安芸【季語=ひよんの実(秋)】
  4. 露草を持つて銀行に入つてゆく 飯島晴子【季語=露草(秋)】
  5. 鏡台や猟銃音の湖心より 藺草慶子【季語=猟(冬)】
  6. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#4】
  7. 蜃気楼博士ばかりが現れし 阪西敦子【季語=蜃気楼(春)】
  8. あたゝかな雨が降るなり枯葎 正岡子規【季語=あたたか(春)?】
  9. 秋海棠西瓜の色に咲にけり 松尾芭蕉【季語=秋海棠(秋)】
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第38回】柚口満
PAGE TOP