ハイクノミカタ

象潟や蕎麦にたつぷり菊の花 守屋明俊【季語=菊(秋)】


象潟や蕎麦にたつぷり菊の花

守屋明俊 


芭蕉が、象潟(秋田県にかほ市)を訪れたのは、元禄2年6月中旬のことだった。そのときに残した句で有名なのが、〈象潟や雨に西施がねぶの花〉である。「西施(せいし)」というのは、古代中国の美女のひとり。雨にしっとりと濡れた合歓の花を、絶世の美女に喩えることで、土地への挨拶している句だ。

一方で、明俊の句には「象潟食堂」との前書きがある。かの地で入った食堂で、「菊切り蕎麦」を注文したのだろう。重陽の節句(陰暦9月9日)に、新潟や東北の一部では、長寿を祈願して菊を練り込んだ蕎麦を食べるところがある。

黄色がかった蕎麦には、少し青くさい香が漂うが、この「たつぷり」には健啖家である作者らしいユーモアが含まれている。先の芭蕉句へのオマージュとしても上質な一句である。『象潟食堂』(2019)より引いた。

ちなみに、この地はもともと浅い海と小さな島々が織りなす景勝地であったが、1804年に大地震が起こったことで、海底が隆起して陸地になってしまった。

芭蕉の時代には「東の松島・西の象潟」と言われていたのはそのためだが、現在でも田園風景のなかに浮かぶ島々を見ることができる。

句のなかには書き込まれていないが、当然ながら「菊」の時期は、新蕎麦・新米のシーズンでもあり、酒では「ひやおろし」が出はじめる。句の背後に書き込まれている東北らしい風景が、さらに蕎麦の味わいを深めているようだ。(堀切克洋)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 九十の恋かや白き曼珠沙華 文挾夫佐恵【季語=曼珠沙華(秋)】
  2. 鶏鳴の多さよ夏の旅一歩 中村草田男【季語=夏の旅(夏)】
  3. 秋思かがやくストローを嚙みながら 小川楓子【季語=秋思(秋)】
  4. 対岸や壁のごとくに虫の闇 抜井諒一【季語=虫(秋)】
  5. かなしきかな性病院の煙出 鈴木六林男
  6. 人妻ぞいそぎんちやくに指入れて 小澤實【季語=磯巾着(春)】
  7. 男衆の聲弾み雪囲ひ解く 入船亭扇辰【季語=雪囲解く
  8. 川を見るバナナの皮は手より落ち 高濱虚子【季語=バナナ(夏)】

おすすめ記事

  1. 寝室にねむりの匂ひ稲の花 鈴木光影【季語=稲の花(秋)】
  2. 前をゆく私が野分へとむかふ 鴇田智哉【季語=野分(秋)】
  3. 【冬の季語】冬蟹
  4. 短日のかかるところにふとをりて 清崎敏郎【季語=短日(冬)】
  5. 「十六夜ネ」といった女と別れけり 永六輔【季語=十六夜(秋)】
  6. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#7
  7. 琴墜ちてくる秋天をくらりくらり 金原まさ子【季語=秋天(秋)】
  8. 【冬の季語】冬日和
  9. 天籟を猫と聞き居る夜半の冬 佐藤春夫【季語=夜半の冬(冬)】
  10. 大いなる春を惜しみつ家に在り 星野立子【季語=春惜しむ(春)】

Pickup記事

  1. 春は曙そろそろ帰つてくれないか 櫂未知子【季語=春(春)】
  2. ピーマンの中の空気は忘れもの 能村研三【季語=ピーマン(夏)】
  3. 瀧見人子を先だてて来りけり 飯島晴子【季語=滝見(夏)】
  4. 白鳥の花の身又の日はありや 成田千空【季語=白鳥(冬)】
  5. 【秋の季語】秋の蝶
  6. 東京の白き夜空や夏の果 清水右子【季語=夏の果(夏)】
  7. たべ飽きてとんとん歩く鴉の子 高野素十【季語=鴉の子(夏)】
  8. 捨て櫂や暑気たゞならぬ皐月空 飯田蛇笏【季語=皐月(夏)】
  9. 「パリ子育て俳句さんぽ」【9月18日配信分】
  10. 【冬の季語】雪降る
PAGE TOP