ハイクノミカタ

銀漢を荒野のごとく見はるかす 堀本裕樹【季語=銀漢(秋)】


銀漢を荒野のごとく見はるかす  

堀本裕樹


旧暦の七夕、今年(2020年)はちょっと遅くて本日、8月25日。

一般的には新暦で七夕を祝うことになっているけれど、基本的には梅雨の最中だから、まず星なんてお目にかかることができない。

さて掲句に出てくる「荒野」、「こうや」と堅い響きで読むのがよいか、「あらの」と柔らかい響きで読むのがよいか。

前者なら、硬質な現代詩のようで、作者のまなざしの先にある(必ずしも明るくはない)未来を思う。

後者でいえば、新約聖書には「荒野(あらの)の誘惑」というエピソードがあることを思い出す。

40日にわたってイエスが悪魔から誘惑を受けるというもの(英語では単純に「誘惑されるイエス Temptation of Christ」)で、それゆえに作者が運命の岐路に立たされているようなイメージも浮かぶ。

いずれにしても、「荒野」はただ殺伐としているだけではなく、どこかポジティブな可能性を秘めた、しかし困難でもあるような、そんな道を思わせられる言葉である。

作者にとって、立ち向かうものとは何だったのだろうか。

『熊野曼陀羅』(2012)より。

(堀切克洋)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 嗚呼これは温室独特の匂ひ 田口武【季語=温室(冬)】
  2. 秋風や眼中のもの皆俳句 高浜虚子【季語=秋風(秋)】
  3. 美しき緑走れり夏料理 星野立子【季語=夏料理(夏)】
  4. 駅蕎麦の旨くなりゆく秋の風 大牧広【季語=秋の風(秋)】
  5. ポメラニアンすごい不倫の話きく 長嶋有
  6. きりぎりす飼ふは死を飼ふ業ならむ 齋藤玄【季語=螽蟖(秋)】
  7. ラヂオさへ黙せり寒の曇り日を 日野草城【季語=寒(冬)】
  8. 時雨るるや新幹線の長きかほ 津川絵理子【季語=時雨(冬)】

おすすめ記事

  1. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第7回】
  2. 笹鳴きに覚めて朝とも日暮れとも 中村苑子【季語=笹鳴(冬)】 
  3. 短日のかかるところにふとをりて 清崎敏郎【季語=短日(冬)】
  4. 真っ白な番の蝶よ秋草に 木村丹乙【季語=秋草(秋)】
  5. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#2】
  6. 【冬の季語】湯たんぽ(湯婆)
  7. 死も佳さそう黒豆じっくり煮るも佳し 池田澄子【季語=黒豆(新年)】
  8. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第9回
  9. 後鳥羽院鳥羽院萩で擲りあふ 佐藤りえ【秋の季語=萩(冬)】
  10. 雨だれを聴きて信濃の濁り酒 德田千鶴子【季語=濁り酒(秋)】

Pickup記事

  1. 足指に押さへ編む籠夏炉の辺 余村光世【季語=夏炉(夏)】
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第63回】 摂津と桂信子
  3. 【冬の季語】日脚伸ぶ
  4. 永遠とポップコーンと冬銀河 神野紗希【季語=冬銀河(冬)】
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【1月22日配信分】
  6. ほととぎす孝君零君ききたまへ 京極杞陽【季語=時鳥(夏)】
  7. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年3月分】
  8. こんな本が出た【2021年4月刊行分】
  9. 南海多感に物象定か獺祭忌 中村草田男【季語=獺祭忌(秋)】
  10. 寒夕焼に焼き亡ぼさん癌の身は 成田千空【季語=寒夕焼(冬)】
PAGE TOP