ハイクノミカタマンスリーゲスト

  1. マンホール出て蝙蝠となる男 小浜杜子男【季語=蝙蝠(夏)】

    マンホール出て蝙蝠となる男小浜杜子男月の光が差し込む部屋で、高森老人は私の真向かいに座っていた。銀色の髪は、きれいになでつけられている90歳とは思えないほど姿勢はまっすぐで、上質な黒いスーツに黒いネ…

  2. 万緑やご飯のあとのまたご飯 宮本佳世乃【季語=万緑(夏)】

    万緑やご飯のあとのまたご飯宮本佳世乃俳句とは全く関係のない…

  3. 菱形に赤子をくるみ夏座敷 対中いずみ【季語=夏座敷(夏)】

    菱形に赤子をくるみ夏座敷対中いずみ対中いずみさんとはじめて…

  4. ラベンダー添へたる妻の置手紙 内堀いっぽ【季語=ラベンダー(夏)】

    ラベンダー添へたる妻の置手紙内堀いっぽ妻のことがわからない…

  5. 青嵐神社があったので拝む 池田澄子【季語=青嵐(夏)】

    青嵐神社があったので拝む池田澄子ある時、初めて通った道のそ…

  6. 夜の子の明日の水着を着てあるく 森賀まり【季語=水着(夏)】

  7. パン屋の娘頬に粉つけ街薄暑 高田風人子【季語=薄暑(夏)】

  8. 主われを愛すと歌ふ新樹かな 利普苑るな【季語=新樹(夏)】

  9. 本の背は金の文字押し胡麻の花 田中裕明【季語=胡麻の花(夏)】

  10. しまうまがシャツ着て跳ねて夏来る 富安風生【季語=夏来る(夏)】

  11. 捩花の誤解ねぢれて空は青 細谷喨々【季語=捩花(夏)】

  12. 今年の蠅叩去年の蠅叩 山口昭男【季語=蠅叩(夏)】

おすすめ記事

  1. 求婚の返事来る日をヨット馳す 池田幸利【季語=ヨット(夏)】
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【番外−2】 足摺岬と松本たかし
  3. 【第23回】新しい短歌をさがして/服部崇
  4. 【夏の季語】蟻地獄/あとずさり 擂鉢虫
  5. 【春の季語】春風

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第2回】小滝肇
  2. 姦通よ夏木のそよぐ夕まぐれ 宇多喜代子【季語=夏木(夏)】
  3. 足跡が足跡を踏む雪野かな 鈴木牛後【季語=雪野(冬)】 
  4. 【秋の季語】秋の風
  5. 【冬の季語】寒し
PAGE TOP