ハイクノミカタマンスリーゲスト

  1. いちごジャム塗れとおもちゃの剣で脅す 神野紗希【季語=苺(夏)】

    いちごジャム塗れとおもちゃの剣で脅す)神野紗希)ジャムに加工すると季語なのか、ほな季語とちゃうかあ、となるのか迷うところがあるけど、そんなことはワカチコ。いちごジャム≒苺で夏の季語だと思う。作者が季…

  2. 新綠を描くみどりをまぜてゐる 加倉井秋を【季語=新綠(夏)】

    新綠を描くみどりをまぜてゐる)加倉井秋を)秋をは相当な秀才…

  3. ジェラートを売る青年の空腹よ 安里琉太【季語=ジェラート(夏)】

    ジェラートを売る青年の空腹よ)安里琉太)ジェラートは氷菓の…

  4. 葉桜の夜へ手を出すための窓 加倉井秋を【季語=葉桜(夏)】

    葉桜の夜へ手を出すための窓)加倉井秋を)何をしていたのだろ…

  5. 甘き花呑みて緋鯉となりしかな 坊城俊樹【季語=緋鯉(夏)】

    甘き花呑みて緋鯉となりしかな)坊城俊樹)お酒はあんまり飲ま…

  6. 桐咲ける景色にいつも沼を感ず 加倉井秋を【季語=桐の花(夏)】

  7. きりんの子かゞやく草を喰む五月 杉山久子【季語=五月(夏)】

  8. 田螺容れるほどに洗面器が古りし 加倉井秋を【季語=田螺(春)】

  9. 鶯や米原の町濡れやすく 加藤喜代子【季語=鶯(春)】

  10. 星老いる日の大蛤を生みぬ 三枝桂子【季語=蛤(春)】

  11. 田に人のゐるやすらぎに春の雲 宇佐美魚目【季語=春の雲(春)】

  12. 水鳥の和音に還る手毬唄 吉村毬子

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP