ハイクノミカタマンスリーゲスト

  1. 運動会静かな廊下歩きをり 岡田由季【季語=運動会(秋)】

    運動会静かな廊下歩きをり)岡田由季絶妙な共感を呼ぶ句なのに、決して真似できない。そんな作品が魅力的な作者。この運動会の句は、私のなかで運動会という季語の句の永遠の一位だと思う。走るこ…

  2. 老僧の忘れかけたる茸の城 小林衹郊【季語=茸(秋)】

    老僧の忘れかけたる茸の城)小林衹郊 今朝の信濃毎日新聞読者…

  3. いちじくを食べた子供の匂ひとか 鴇田智哉【季語=いちじく(秋)】

    いちじくを食べた子供の匂ひとか)鴇田智哉ああ、わかる。と感…

  4. 琴墜ちてくる秋天をくらりくらり 金原まさ子【季語=秋天(秋)】

    琴墜ちてくる秋天をくらりくらり)金原まさ子 金原まさ子が1…

  5. 秋思かがやくストローを嚙みながら 小川楓子【季語=秋思(秋)】

    秋思かがやくストローを嚙みながら)小川楓子小説を読むように…

  6. サフランもつて迅い太子についてゆく 飯島晴子【季語=サフランの花(秋)】

  7. 雨月なり後部座席に人眠らせ 榮猿丸【季語=雨月(秋)】

  8. ビル、がく、ずれて、ゆくな、ん、てきれ、いき、れ なかはられいこ

  9. 九月来る鏡の中の無音の樹 津川絵理子【季語=九月(秋)】

  10. 帰るかな現金を白桃にして 原ゆき【季語=白桃(秋)】

  11. 丹田に力を入れて浮いて来い 飯島晴子【季語=浮いて来い(夏)】

  12. 雲の峰ぬつと東京駅の上 鈴木花蓑【季語=雲の峰(夏)】

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP