ハイクノミカタマンスリーゲスト

  1. 祈るべき天と思えど天の病む 石牟礼道子

    祈るべき天と思えど天の病む石牟礼道子 先日水俣に行ってきた。水俣には水俣病を学べる資料館が二つあることをご存じだろうか。一つは市立水俣病資料館、もう一つは一般財団法人水俣病センター相思社が運営する水…

  2. 唐太の天ぞ垂れたり鰊群来 山口誓子【季語=鰊(春)】 

    唐太の天ぞ垂れたり鰊群来)(山口誓子山口誓子の第一句集『凍…

  3. 芹と名がつく賑やかな娘が走る 中村梨々【季語=芹(春)】 

    芹と名がつく賑やかな娘が走る)(中村梨々去る3月2日に、松…

  4. 誰も口にせぬ流氷の向かうの地 塩崎帆高【季語=流氷(春)】

    誰も口にせぬ流氷の向かうの地塩崎帆高前回は友人四人で屋根替…

  5. とぼしくて大きくて野の春ともし 鷲谷七菜子【季語=春灯(春)】 

    とぼしくて大きくて野の春ともし)(鷲谷七菜子なにもないよう…

  6. 故郷のすすしの陰や春の雪 原石鼎【季語=春の雪(春)】 

  7. 屋根替の屋根に鎌刺し餉へ下りぬ 大熊光汰【季語=屋根替(春)】

  8. 人のかほ描かれてゐたる巣箱かな 藤原暢子【季語=巣箱(春)】 

  9. トラックに早春を積み引越しす 柊月子【季語=早春(春)】 

  10. 時計屋の時計春の夜どれがほんと 久保田万太郎【季語=春の夜(春)】

  11. 虎の上に虎乗る春や筥いじり 永田耕衣【季語=春(春)】 

  12. 父の手に負へぬ夜泣きや夏の月 吉田哲二【季語=夏の月(夏)】 

おすすめ記事

  1. 来よ来よと梅の月ヶ瀬より電話 田畑美穂女【季語=梅 (春)】
  2. 【俳書探訪】井上泰至『俳句のマナー、俳句のスタイル』(本阿弥書店)
  3. 「野崎海芋のたべる歳時記」カスレ
  4. 【第4回】ラジオ・ポクリット(ゲスト: 大西朋さん・白井飛露さん)
  5. 【第7回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:篠崎央子さん・飯田冬眞さん)【前編】

Pickup記事

  1. 八月の灼ける巌を見上ぐれば絶倫といふ明るき寂寥 前登志夫【季語=夏山(夏)】
  2. 【冬の季語】暮早し
  3. 去年今年貫く棒の如きもの 高浜虚子【季語=去年今年(冬)】
  4. 【連載】新しい短歌をさがして【19】服部崇
  5. 【夏の季語】サングラス
PAGE TOP