ハイクノミカタ

Tシャツに曰くバナナの共和国 太田うさぎ【季語=バナナ(夏)】


Tシャツに曰くバナナの共和国

太田うさぎ


「バナナ・リパブリック」というカジュアル系のブランドがある。

だから実際には「共和国」は、英語で印字されているはずで、おそらく作者は「バナナの共和国って」と内心でツッコミを入れたのである、たぶん。

もっとも「バナナ共和国」という名称は、バナナを生産する中南米の国々への侮蔑でもあるから好ましくないという批判もあるようだ。

しかし、この作者の妄想のなかでは助詞の「の」が挟まったことで、絵本にでも出てきそうな、どこか浮世離れした「共和国」のようにもきこえる。言うまでもないことだが、バナナ原産国を揶揄するような意図は微塵もない。

作者の本領は、このような素材に対し、さらりと「曰く」などと大仰に言ってしまえるところ。「曰く」は、わたしたちが孔子など、漢文の訓読でまずは身に着ける言葉である。つまり、「Tシャツ」という最も日常的な日用品に、それを当て込むところが憎いのだ。

小さなものを大きく。それが太田うさぎのユーモアの秘密である。

太田うさぎのウィットに富んだ句の魅力については、別のところで、書く機会があったので、ぜひそちらも読んでみていただきたい。

こちらのリンク先に、拙稿(書評)があります。
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
【書評】〈日常〉のなかのワンダーランド――太田うさぎ『また明日』(左右社、2020年)

『また明日』(2020)所収。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 皹といふいたさうな言葉かな 富安風生【季語=皹(冬)】
  2. 夏が淋しいジャングルジムを揺らす 五十嵐秀彦【季語=夏(夏)】
  3. たが魂ぞほたるともならで秋の風 横井也有【季語=秋の風(秋)】
  4. 詩に瘦せて二月渚をゆくはわたし 三橋鷹女【季語=二月(春)】
  5. 鳥を見るただそれだけの超曜日 川合大祐
  6. 叱られて目をつぶる猫春隣 久保田万太郎【季語=春隣(冬)】
  7. 耳飾るをとこのしなや西鶴忌 山上樹実雄【季語=西鶴忌(秋)】
  8. 秋淋し人の声音のサキソホン 杉本零【季語=秋淋し(秋)】

おすすめ記事

  1. 冷房とまる高階純愛の男女残し 金子兜太【季語=冷房(夏)】
  2. 【連載】歳時記のトリセツ(7)/大石雄鬼さん
  3. 松過ぎの一日二日水の如 川崎展宏【季語=松過ぎ(新年)】
  4. 白い部屋メロンのありてその匂ひ 上田信治【季語=メロン(夏)】
  5. 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(3)
  6. にんじんサラダわたし奥様ぢやないぞ 小川楓子【季語=にんじん(冬)】
  7. つちふるや自動音声あかるくて 神楽坂リンダ【季語=霾(春)】
  8. 【春の季語】引鴨
  9. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第12回】高千穂と種田山頭火
  10. こまごまと大河のごとく蟻の列 深見けん二【季語=蟻(夏)】

Pickup記事

  1. 妻のみ恋し紅き蟹などを歎かめや 中村草田男【季語=蟹(夏)】
  2. 蚊を食つてうれしき鰭を使ひけり 日原傳【季語=蚊(夏)】
  3. 灯を消せば部屋無辺なり夜の雪 小川軽舟【季語=雪(冬)】
  4. 桜貝長き翼の海の星 波多野爽波【季語=桜貝(春)】 
  5. 【書評】吉田林檎『スカラ座』(ふらんす堂、2019年)
  6. 日が照つて厩出し前の草のいろ 鷲谷七菜子【季語=厩出し(春)】
  7. 【特別寄稿】屋根裏バル鱗kokera/中村かりん
  8. 一臓器とも耕人の皺の首 谷口智行【季語=耕人(春)】
  9. 【春の季語】ヒヤシンス
  10. ふゆの春卵をのぞくひかりかな 夏目成美【季語=冬の春(冬)】
PAGE TOP