「晨」

  1. 夏山に勅封の大扉あり 宇佐美魚目【季語=夏山(夏)】

    夏山に勅封の大扉あり宇佐美魚目どっしりした句である。大部分が名詞で仕立てられている点からもそう思うし、5・5・7(5・5・5・2と読む人もいるかもしれない)の句またがりで読ませた最後の「あり」が、字…

  2. 鶯や米原の町濡れやすく 加藤喜代子【季語=鶯(春)】

    鶯や米原の町濡れやすく)加藤喜代子(「霜天」))米原は主要…

  3. 田に人のゐるやすらぎに春の雲 宇佐美魚目【季語=春の雲(春)】

    田に人のゐるやすらぎに春の雲)宇佐美魚目(「天地存問」))…

  4. あつ雉子あつ人だちふ目が合うて 西野文代【季語=雉子(春)】

    あつ雉子あつ人だちふ目が合うて)西野文代)我が家の裏手には…

  5. 大利根にほどけそめたる春の雲 安東次男【季語=春の雲(春)】

    大利根にほどけそめたる春の雲)安東次男)大阪で生まれ育った…

  6. 浅春の岸辺は龍の匂ひせる 対中いずみ【季語=亀浅春(春)】

  7. 【第4回】ラジオ・ポクリット(ゲスト: 大西朋さん・白井飛露さん)

  8. どの絵にも前のめりして秋の人 藤本夕衣【季語=秋(秋)】

  9. あづきあらひやひとり酌む酒が好き 西野文代【季語=小豆洗(秋)】

  10. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第23回】木曾と宇佐美魚目

  11. 「体育+俳句」【第1回】菊田一平+野球

  12. 木の中に入れば木の陰秋惜しむ 大西朋【季語=秋惜しむ(秋)】

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP