「梟」

  1. 象の足しづかに上る重たさよ 島津亮

    象の足しづかに上る重たさよ島津亮(『紅葉寺境内』昭和27年)「なぜ俳句を書くのか?」と聞かれることがあるだろう。よくある質問だが、あまり好きな質問ではない。この類の問いは突き詰めると「なぜ生きるのか…

  2. 節分や海の町には海の鬼 矢島渚男【季語=節分(冬)】

    節分や海の町には海の鬼矢島渚男今日は節分。年に一度、夕飯メ…

  3. 猫と狆と狆が椎茸ふみあらす 島津亮【季語=椎茸(秋)】

    猫と狆と狆が椎茸ふみあらす島津亮先日、カフェでにんじんマフ…

  4. 赤き茸礼讃しては蹴る女 八木三日女【季語=茸(秋)】

    赤き茸礼讃しては蹴る女八木三日女(『紅茸』)赤い茸は毒があ…

  5. さみだれの電車の軋み君が許へ 矢島渚男【季語=さみだれ(夏)】

    さみだれの電車の軋み君が許へ矢島渚男天気予報によると、五月…

  6. 父がまづ走つてみたり風車 矢島渚男【季語=風車(春)】

おすすめ記事

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年2月分】
  2. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#2
  3. 吊皮のしづかな拳梅雨に入る 村上鞆彦【季語=梅雨に入る(夏)】
  4. 葛の花こぼれやすくて親匿され 飯島晴子【季語=葛の花(秋)】
  5. 【連載】新しい短歌をさがして【18】服部崇

Pickup記事

  1. 【連載】俳人のホンダナ!#2 小谷由果
  2. 吊皮のしづかな拳梅雨に入る 村上鞆彦【季語=梅雨に入る(夏)】
  3. 小満の風や格言カレンダー 菅原雅人【季語=小満(夏)】
  4. 「野崎海芋のたべる歳時記」サラダ・パリジェンヌ
  5. 草餅や不参遅参に会つぶれ 富永眉月【季語=草餅(春)】
PAGE TOP