「樺の芽」

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年5月分】

    前月に刊行された俳句結社誌・同人誌の最新号から「(最大)7句」を推薦いただき、掲出するコーナー。全句から、未来の名句となるかもしれない「推しの一句」を選んでご鑑賞いただく読者参加型コーナー「コンゲツノハイクを読む」は、今月…

  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年4月分】

    前月に刊行された俳句結社誌・同人誌の最新号から「(最大)7句」を推薦いただき、掲出…

  3. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年3月分】

    前月に刊行された俳句結社誌・同人誌の最新号から「(最大)7句」を推薦いただき、掲出…

  4. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年2月分】

    2024年もやります! 前月に刊行された俳句結社誌・同人誌の最新号から「(最大)7…

  5. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年1月分】

    2024年もやります! 毎月が俳句年鑑! 前月に刊行された俳句結社誌・同人誌の最新…

  6. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年12月分】

  7. 馬孕む冬からまつの息赤く 粥川青猿【季語=冬からまつ(冬)】

おすすめ記事

  1. 動かない方も温められている 芳賀博子
  2. 【春の季語】蛇穴を出る
  3. 花の影寝まじ未来が恐しき 小林一茶【季語=花の影(春)】
  4. 水中に風を起せる泉かな 小林貴子【季語=泉(夏)】
  5. 【連載】新しい短歌をさがして【10】服部崇

Pickup記事

  1. かくも濃き桜吹雪に覚えなし 飯島晴子【季語=桜吹雪(春)】
  2. 【新年の季語】どんど焼
  3. 什器全て鈍器に見えて冬籠 今井聖【季語=冬籠(冬)】
  4. 本捨つる吾に秋天ありにけり 渡部州麻子【季語=秋天(秋)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第65回】柳元佑太
PAGE TOP