「樺の芽」

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年3月分】

    前月に刊行された俳句結社誌・同人誌の最新号から「(最大)7句」を推薦いただき、掲出するコーナー。全句から、未来の名句となるかもしれない「推しの一句」を選んでご鑑賞いただく読者参加型コーナー「コンゲツノハイクを読む」は、3月…

  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年2月分】

    2024年もやります! 前月に刊行された俳句結社誌・同人誌の最新号から「(最大)7…

  3. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年1月分】

    2024年もやります! 毎月が俳句年鑑! 前月に刊行された俳句結社誌・同人誌の最新…

  4. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年12月分】

    毎月が俳句年鑑! 前月に刊行された俳句結社誌・同人誌の最新号から「(最大)7句」を…

  5. 馬孕む冬からまつの息赤く 粥川青猿【季語=冬からまつ(冬)】

    馬孕む冬からまつの息赤く粥川青猿作者は北海道十勝の人。十勝…

おすすめ記事

  1. 思ひ沈む父や端居のいつまでも    石島雉子郎【季語=端居(夏)】
  2. また一人看取の汗を拭いて来し 三島広志【季語=汗(夏)】
  3. 聴診に一生の秋を聴きにけり 橋本喜夫【季語=秋(秋)】
  4. 汽車逃げてゆくごとし野分追ふごとし 目迫秩父【季語=野分(秋)】
  5. 淋しさに鹿も起ちたる馬酔木かな      山本梅史【季語=鹿(秋)】

Pickup記事

  1. 【冬の季語】人参
  2. 【冬の季語】鮟鱇
  3. ひめはじめ昔男に腰の物 加藤郁乎【季語=ひめ始(新年)】
  4. ふくしまに生れ今年の菊膾 深見けん二【季語=菊膾(秋)】
  5. 片影にこぼれし塩の点々たり 大野林火【季語=片影】
PAGE TOP