「風」

  1. つばめつばめ泥が好きなる燕かな 細見綾子【季語=燕(春)】

    つばめつばめ泥が好きなる燕かな)細見綾子今年も燕が来た。留学先から帰国してきた息子を迎えるため早朝の成田に行った帰りのことだった。昨年の巣はすっかりなくなってしまっていて真っ新な状態から作り直してい…

  2. 虚仮の世に虚仮のかほ寄せ初句会 飴山實【季語=初句会(新年)】

    虚仮の世に虚仮のかほ寄せ初句会)飴山實 句会の席で、ほとん…

  3. 【特別寄稿】沖縄県那覇市久米「KIMIKO BAR ふう」/酢橘とおる

    【特別寄稿】コーヒーも泡盛もー沖縄県那覇市久米「KIMIKO BAR ふう…

  4. うららかさどこか突抜け年の暮 細見綾子【季語=年の暮(冬)】

    うららかさどこか突抜け年の暮細見綾子十二月も中旬。もう十分…

  5. 青年鹿を愛せり嵐の斜面にて 金子兜太【季語=鹿(秋)】

    青年鹿を愛せり嵐の斜面にて金子兜太「斜面」を「なぞえ」と読…

  6. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第17回】丹波市(旧氷上郡東芦田)と細見綾子

  7. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第15回】能登と飴山實

  8. 来て見ればほゝけちらして猫柳 細見綾子【季語=猫柳(春)】

おすすめ記事

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年6月分】
  2. 南浦和のダリヤを仮のあはれとす 摂津幸彦【季語=ダリヤ(夏)】
  3. みな聖樹に吊られてをりぬ羽持てど 堀田季何【季語=聖樹(冬)】
  4. 略図よく書けて忘年会だより 能村登四郎【季語=暖房(冬)】
  5. 昼ごろより時の感じ既に無くなりて樹立のなかに歩みをとどむ 佐藤佐太郎

Pickup記事

  1. 「体育+俳句」【第4回】三島広志+ボクシング
  2. 屋根替の屋根に鎌刺し餉へ下りぬ 大熊光汰【季語=屋根替(春)】
  3. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#13
  4. 【冬の季語】縄跳
  5. 紅さして尾花の下の思ひ草 深谷雄大【季語=思ひ草(秋)】
PAGE TOP