くる

  1. 散るときのきてちる牡丹哀しまず 稲垣きくの【季語=牡丹(夏)】

    散るときのきてちる牡丹哀しまず稲垣きくの 牡丹は開ききった時が一番美しい。後は散るだけの宿命を知りつつ緻密なる花弁を大きく広げる。花弁の一枚二枚が剥がれた状態はまだ美しいが、最後は芯にしがみつく形で…

  2. 九月の教室蟬がじーんと別れにくる 穴井太【季語=九月(秋)】

    九月の教室蟬がじーんと別れにくる穴井太二学期が始まった教室…

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP