にけり

  1. とらが雨など軽んじてぬれにけり 一茶【季語=虎が雨(夏)】

    とらが雨など軽んじてぬれにけり一茶(『新版 角川俳句大歳時記 夏』)梅雨の盛りに生まれた。歳時記によっては、もっとも雨の降る日だと書いてあったりもする。が、昔からこの梅雨の蒸し暑さがかなり苦手である…

  2. 麦藁を束ねる足をあてにけり   奈良鹿郎【季語=麦藁(夏)】

    麦藁を束ねる足をあてにけり奈良鹿郎(なら・しかろう)さっき…

  3. 聴診に一生の秋を聴きにけり 橋本喜夫【季語=秋(秋)】

    聴診に一生(ひとよ)の秋を聴きにけり橋本喜夫一年間いろいろ…

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP