仙田洋子

  1. 鷹鳩と化して大いに恋をせよ 仙田洋子【季語=鷹鳩と化す(春)】

    鷹鳩と化して大いに恋をせよ仙田洋子 この度のわが人生の節目。自分達では結婚披露パーティーはしなかったが、句会ごとに様々な形で催してくれていて有り難い限りである。雪・霙の中吟行したこともあった。俳人ら…

  2. さくら貝黙うつくしく恋しあふ 仙田洋子【季語=さくら貝(春)】

    さくら貝黙うつくしく恋しあふ仙田洋子(『橋のあなたに』) …

  3. どつさりと菊着せられて切腹す 仙田洋子【季語=菊(秋)】

    どつさりと菊着せられて切腹す)仙田洋子秋の花で一番に思い浮…

  4. じゆてーむと呟いてゐる鯰かな 仙田洋子【季語=鯰(夏)】

    じゆてーむと呟いてゐる鯰かな仙田洋子「じゆてーむ」は” j…

  5. 原爆忌誰もあやまつてはくれず 仙田洋子【季語=原爆忌(秋)】

    原爆忌誰もあやまつてはくれず仙田洋子 この句が収められてい…

  6. 【書評】仙田洋子 第4句集『はばたき』(角川書店、2019年)

  7. 肩につく影こそばゆし浜日傘 仙田洋子【季語=浜日傘(夏)】

おすすめ記事

  1. たべ飽きてとんとん歩く鴉の子 高野素十【季語=鴉の子(夏)】
  2. 死はいやぞ其きさらぎの二日灸 正岡子規【季語=二日灸(春)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第120回】吉田類
  4. 淋しさに鹿も起ちたる馬酔木かな      山本梅史【季語=鹿(秋)】
  5. たが魂ぞほたるともならで秋の風 横井也有【季語=秋の風(秋)】

Pickup記事

  1. さくら餅たちまち人に戻りけり 渋川京子【季語=桜餅(春)】 
  2. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第8回】2003年 天皇賞・秋 シンボリクリスエス
  3. 椿咲くたびに逢いたくなっちゃだめ 池田澄子【季語=椿(春)】
  4. 木の根明く仔牛らに灯のひとつづつ 陽美保子【季語=木の根明く(春)】
  5. かいつぶり離ればなれはいい関係 山﨑十生【季語=鳰(冬)】
PAGE TOP