冴返る

  1. 冴返るまだ粗玉の詩句抱き 上田五千石【季語=冴返る(春)】

    冴返るまだ粗玉の詩句抱き上田五千石 この原稿を書いている今、東京には大雪警報が発令されている。私の生活圏も例外ではなく、普段とは違う景色を見ることができた。などと呑気なことを言っていられるのも在宅勤…

  2. 【春の季語】冴返る

    【春の季語=初春(2月)】冴返る春めいた暖かさになってきたころ、に…

  3. 【春の季語】春寒し

    【春の季語=初春(2月)】春寒し「立春」が過ぎてもまだまだ寒い、と…

  4. 【春の季語】黄水仙

    【春の季語=初春(2月)】黄水仙ヒガンバナ科の多年草。南ヨ…

  5. 【春の季語】余寒

    【春の季語=初春(2月)】余寒「立春」直後の「早春」は、ところどこ…

  6. 【春の季語】立春

  7. 【春の季語】春寒

  8. 東京に居るとの噂冴え返る 佐藤漾人【季語=冴え返る(春)】

  9. 冴えかへるもののひとつに夜の鼻 加藤楸邨【季語=冴返る(春)】

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】室咲
  2. 極月の空青々と追ふものなし 金田咲子【季語=極月(冬)】
  3. 【冬の季語】湯ざめ(湯冷め)
  4. 【春の季語】春の泥
  5. 春や昔十五万石の城下哉 正岡子規【季語=春(春)】

Pickup記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第36回】銀座と今井杏太郎
  2. 遅れ着く小さな駅や天の川 髙田正子【季語=天の川(秋)】
  3. 淋しさに鹿も起ちたる馬酔木かな      山本梅史【季語=鹿(秋)】
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第9回】伊勢と八田木枯
  5. 泉に手浸し言葉の湧くを待つ 大串章【季語=泉(夏)】
PAGE TOP