1. 夜の子の明日の水着を着てあるく 森賀まり【季語=水着(夏)】

    夜の子の明日の水着を着てあるく森賀まり2018年9月9日、山口昭男『木簡』の第69回(2017年度)読売文学賞受賞を祝う会が神戸で開かれた。当時、俳句をはじめて2年ほどの自分にとって、名前は聞いたこ…

  2. 瀧見人子を先だてて来りけり 飯島晴子【季語=滝見(夏)】

    瀧見人子を先だてて来りけり)飯島晴子 この「子」は何も小さ…

  3. 細長き泉に着きぬ父と子と 飯島晴子【季語=泉(夏)】

    細長き泉に着きぬ父と子と)飯島晴子 鬱蒼とした山道を歩く間…

  4. 四月馬鹿ならず子に恋告げらるる 山田弘子【季語=四月馬鹿(春)】

    四月馬鹿ならず子に恋告げらるる山田弘子 母親にとって子供の…

  5. 卒業の子らが机を洗ひ居る 山口草堂【季語=卒業(春)】

    卒業の子らが机を洗ひ居る山口草堂この時期になると、「卒業の…

  6. 霜夜子は泣く父母よりはるかなものを呼び 加藤楸邨【季語=霜夜(冬)】

  7. 冬枯や熊祭る子の蝦夷錦 正岡子規【季語=冬枯・熊(冬)】

  8. 犬の仔のすぐにおとなや草の花 広渡敬雄【季語=草の花(秋)】

おすすめ記事

  1. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月30日配信分】
  2. 風邪ごもりかくし置きたる写真見る     安田蚊杖【季語=風邪籠(冬)】
  3. へたな字で書く瀞芋を農家売る 阿波野青畝【季語=山芋(秋)】
  4. 【春の季語】雛人形
  5. 【冬の季語】八手の花

Pickup記事

  1. どこからが恋どこまでが冬の空 黛まどか【季語=冬の空(冬)】
  2. 「パリ子育て俳句さんぽ」【11月20日配信分】
  3. 銀漢を荒野のごとく見はるかす 堀本裕樹【季語=銀漢(秋)】
  4. 時雨るるや新幹線の長きかほ 津川絵理子【季語=時雨(冬)】
  5. 【春の季語】蛇穴を出づ
PAGE TOP