思う

  1. 風邪を引くいのちありしと思ふかな 後藤夜半【季語=風邪(冬)】

    風邪を引くいのちありしと思ふかな後藤夜半 〽熱が出たりすると 気付くんだ 僕には体があるって事 鼻が詰まったりすると 解るんだ 今まで呼吸をしていた事「supernova」…

  2. いつまでも死なぬ金魚と思ひしが 西村麒麟【季語=金魚(夏)】

    いつまでも死なぬ金魚と思ひしが)西村麒麟いつまでも死なない…

  3. 逢えぬなら思いぬ草紅葉にしゃがみ 池田澄子【季語=草紅葉(秋)】

    逢えぬなら思いぬ草紅葉にしゃがみ)池田澄子句集『此処』(2…

  4. 露地裏を夜汽車と思ふ金魚かな 攝津幸彦【季語=金魚(夏)】

    露地裏を夜汽車と思ふ金魚かな攝津幸彦難解と言われているのを…

  5. かけろふやくだけて物を思ふ猫 論派【季語=陽炎(春)】

    かけろふやくだけて物を思ふ猫論派この地球上では、実に多くの…

おすすめ記事

  1. ビル、がく、ずれて、ゆくな、ん、てきれ、いき、れ なかはられいこ
  2. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年12月分】
  3. 菜の花やはつとあかるき町はつれ 正岡子規【季語=菜の花(春)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第123回】大住光汪
  5. 【特別寄稿】「写生」──《メドゥーサ》の「驚き」 岡田一実

Pickup記事

  1. 大阪の屋根に入る日や金魚玉   大橋櫻坡子【季語=金魚玉(夏)】
  2. 野の落暉八方へ裂け 戰爭か 楠本憲吉
  3. 【夏の季語】梅雨
  4. 【冬の季語】咳く
  5. 滴りてふたりとは始まりの数 辻美奈子【季語=滴り(夏)】
PAGE TOP