1. 昼の虫手紙はみんな恋に似て 細川加賀【季語=昼の虫(秋)】

    昼の虫手紙はみんな恋に似て細川加賀(『細川加賀全句集』) 俳人は手紙が好きである。句集の礼状をメールで送るのは無礼だと言われていたのは20年前。通信手段が発達した現在もまだ、手紙をしたためる方が多い…

  2. ひるすぎの小屋を壊せばみなすすき 安井浩司【季語=すすき(秋)】

    ひるすぎの小屋を壊せばみなすすき安井浩司小屋はバラックのよ…

  3. 内装がしばらく見えて昼の火事 岡野泰輔【季語=火事(冬)】

    内装がしばらく見えて昼の火事)岡野泰輔(句集「なめらかな世界の肉」(201…

  4. 休みの日晝まで霜を見てゐたり 永田耕衣【季語=霜(冬)】

    休みの日晝まで霜を見てゐたり永田耕衣畳にごろんと寝転んで、…

  5. 昼ごろより時の感じ既に無くなりて樹立のなかに歩みをとどむ 佐藤佐太郎

    昼ごろより時の感じ既に無くなりて樹立のなかに歩みをとどむ佐藤佐太郎…

  6. 男欲し昼の蛍の掌に匂ふ 小坂順子【季語=蛍(夏)】

  7. 飯蛸に昼の花火がぽんぽんと 大野朱香【季語=飯蛸(春)】

  8. 昼顔の見えるひるすぎぽるとがる 加藤郁乎【季語=昼顔(夏)】

  9. シャワー浴ぶくちびる汚れたる昼は 櫂未知子【季語=シャワー(夏)】

おすすめ記事

  1. 【秋の季語】秋分
  2. ぼんやりと夏至を過せり脹脛 佐藤鬼房【季語=夏至(夏)】
  3. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年4月分】
  4. かゝる世もありと暮しぬ春炬燵 松尾いはほ【季語=春炬燵(春)】
  5. 義士の日や途方に暮れて人の中 日原傳【季語=義士の日(冬)】

Pickup記事

  1. 秋櫻子の足あと【第6回】谷岡健彦
  2. 【冬の季語】十二月
  3. 氷上の暮色ひしめく風の中 廣瀬直人【季語=氷(冬)】
  4. さくら仰ぎて雨男雨女 山上樹実雄【季語=桜(春)】
  5. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第4回】2010年/2011年エリザベス女王杯
PAGE TOP