東日本大震災

  1. 【連載】「ゆれたことば」#2「自然がこんなに怖いものだったとは」堀田季何

    【連載】ゆれたことば #2「自然がこんなに怖いものだったとは」堀田季何(「楽園」主宰)東日本大震災が起きた時、私は驚かなかった。震動にせよ、放射能にせよ、「未曾有」と言う言葉が相応しい災害で…

  2. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第2回

    【連載】「震災俳句を読み直す」第2回その「戦場」には「人」がいる…

  3. 【特集】東日本大震災 10年を迎えて

    【特集】東日本大震災 10年を迎えて以下は、特集「東日本…

  4. 【巻頭言】地球を損なわずに歩く――〈3.11〉以後の俳句をめぐる断想

    【巻頭言】地球を損なわずに歩く――〈3.11〉以後の俳句をめぐる断想…

  5. 【新連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第1回

    【新連載】「震災俳句を読み直す」第1回あえて「思い出す」ようなもの…

  6. 【新連載】「ゆれたことば」#1「瓦礫」千倉由穂

  7. 【特別寄稿】「十年目に震災句について考える」小田島渚

  8. すうっと蝶ふうっと吐いて解く黙禱 中村晋【季語=蝶(春)】

  9. 復興の遅れの更地春疾風  菊田島椿【季語=春疾風(春)】

  10. 【俳句公募のご案内】「十年目の今、東日本大震災句集 わたしの一句」【12月15日締切】

おすすめ記事

  1. 琴墜ちてくる秋天をくらりくらり 金原まさ子【季語=秋天(秋)】
  2. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#14
  3. 足跡が足跡を踏む雪野かな 鈴木牛後【季語=雪野(冬)】 
  4. 【冬の季語】悴む
  5. 【冬の季語】冴ゆ・冴え

Pickup記事

  1. 【春の季語】菜種梅雨
  2. 象潟や蕎麦にたつぷり菊の花 守屋明俊【季語=菊(秋)】
  3. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第7回】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第101回】田村元
  5. 曳けとこそ綱一本の迎鐘 井上弘美【季語=迎鐘(秋)】
PAGE TOP