東日本大震災 10年を迎えて

【特集】東日本大震災 10年を迎えて


【特集】東日本大震災 10年を迎えて


以下は、特集「東日本大震災 10年を迎えて」のアーカイブページです。

2011年3月11日の震災から早いもので10年が経過しました。ここでは、この10年がどのような10年であったのかを、ささやかながら俳句という詩形とともに、振り返ってみたいと思います。

この特集は、単発的に終わりにするのではなく、ゆっくりと、着実に、いくつかの角度から考えていこうと思っています。年内(2021年)【毎月11日】にいくつかの記事を更新してまいりますので、ぜひお付き合いください。

*各記事には、画像をクリックしていただくと、飛ぶことができます。


【巻頭言】堀切克洋「地球を損なわずに歩く――〈3.11〉以後の俳句をめぐる断想」

当サイト管理人による「巻頭言」です。〈3.11〉以後の俳句をざっくり振り返っています。


【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」
【毎月11日配信】

気鋭の文学研究者・加島正浩さん(名古屋大学大学院博士課程)に3月11日から計10回にわたって「震災俳句」を振り返っていただきます。この連載は、毎月11日に配信予定です。


【連載】千倉由穂・堀田季何「ゆれたことば」
【毎月11日配信】

俳人の千倉由穂さん(「小熊座」)と堀田季何さん(「楽園」主宰)に3月11日から計10回にわたって〈3.11〉後に気になっている「ことば」について、振り返っていただきます。この連載は、隔月交代で毎月11日に配信予定です。


【特別寄稿】小田島渚「十年目に震災句について考える」

仙台在住の俳人の小田島渚さん(「小熊座」「銀漢」)に、昨年刊行された渡辺誠一郎『赫赫(かっかく)』(2020年・深夜叢書)を読み解いていただきつつ、この10年間の変化についてご寄稿いただきました。


【ハイクノミカタ】
毎日好評連載中の「ハイクノミカタ」より
〈3.11〉に関する俳句鑑賞にリンクします。

白梅や天没地没虚空没   永田耕衣
(2021.3.11 評=橋本直)

すうっと蝶ふうっと吐いて解く黙禱 中村晋
(2021.3.10 評=月野ぽぽな)

取り除く土の山なす朧かな 駒木根淳子
(2021.3.9 評=鈴木牛後)

妻の遺品ならざるはなし春星も 右城暮石
(2021.3.8 評=日下野由季)

復興の遅れの更地春疾風  菊田島椿
(2021.3.6 評=太田うさぎ)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第10回(最終回)
  2. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第3回
  3. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第5回
  4. 【新連載】「ゆれたことば」#1「瓦礫」千倉由穂
  5. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第4回
  6. 【特別寄稿】これまで、これから ーいわき復興支援の10年ー山崎祐…
  7. 【連載】「ゆれたことば」#2「自然がこんなに怖いものだったとは」…
  8. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第6回

おすすめ記事

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年12月分】
  2. 大空へ解き放たれし燕かな 前北かおる【季語=燕(春)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第33回】馬場龍吉
  4. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第12回】
  5. 【年越し恒例】くま太郎とうさ子の「セポクリゆく年くる年」【2020年→2021年】
  6. 子供は鳥 かはたれとたそかれにさざめく 上野ちづこ
  7. 【夏の季語】空蟬/蟬の殻 蟬の抜殻
  8. 茄子もぐ手また夕闇に現れし 吉岡禅寺洞【季語=茄子(秋)】
  9. 純愛や十字十字の冬木立 対馬康子【季語=冬木立(冬)】
  10. 雛まつり杉の迅さのくらやみ川 飯島晴子【季語=雛祭(春)】

Pickup記事

  1. 「野崎海芋のたべる歳時記」桃のティアン
  2. 【春の季語】黄水仙
  3. 【冬の季語】節分
  4. 夏場所の終はるころ家建つらしい 堀下翔【季語=夏場所(夏)】
  5. 1 名前:名無しさん@手と足をもいだ丸太にして返し  湊圭伍
  6. じゆてーむと呟いてゐる鯰かな 仙田洋子【季語=鯰(夏)】
  7. 茄子もぐ手また夕闇に現れし 吉岡禅寺洞【季語=茄子(秋)】
  8. 【イベントのご案内】第8回 千両千両井月さんまつり 【終了しました】
  9. 三月の又うつくしきカレンダー 下田実花【季語=三月(春)】
  10. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第4回
PAGE TOP