東日本大震災

  1. ハナニアラシノタトヘモアルゾ  「サヨナラ」ダケガ人生ダ 井伏鱒二

    ハナニアラシノタトヘモアルゾ 「サヨナラ」ダケガ人生ダ井伏鱒二三月のこの頃になると不意に思い出す一節である。これは『厄除け詩集』の「訳詩」の章に掲載されている一節で、于武陵の「勧酒」を井伏な…

  2. 東京に居るとの噂冴え返る 佐藤漾人【季語=冴え返る(春)】

    東京に居るとの噂冴え返る佐藤漾人(さとう・ようじん)今年は…

  3. 【アンケート】東日本大震災から10年目を迎えて

    【アンケート】東日本大震災から10年目を迎えて(東日本大震災 から…

  4. 特定のできぬ遺体や春の泥 高橋咲【季語=春の泥(春)】

    特定のできぬ遺体や春の泥高橋 咲(神奈川大学広報委員会編『17音の青春2…

  5. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第10回(最終回)

    【連載】「震災俳句を読み直す」第10回(最終回)加島正浩…

  6. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第9回

  7. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第8回

  8. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第7回

  9. 【連載】「ゆれたことば」#5「避難所」千倉由穂

  10. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第4回

  11. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第3回

  12. 【連載】「ゆれたことば」#3「被災地/被災者」千倉由穂

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】凩(木枯)
  2. アロハ来て息子の嫁を眺めをり 西村麒麟【季語=アロハ(夏)】
  3. 【巻頭言】地球を損なわずに歩く――〈3.11〉以後の俳句をめぐる断想
  4. 鷹鳩と化して大いに恋をせよ 仙田洋子【季語=鷹鳩と化す(春)】
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第34回】鎌倉と星野立子

Pickup記事

  1. のこるたなごころ白桃一つ置く 小川双々子【季語=白桃(秋)】
  2. 回廊をのむ回廊のアヴェ・マリア 豊口陽子
  3. 二人でかぶる風折烏帽子うぐひすとぶ 飯島晴子【季語=鶯(春)】
  4. 【オンライン勉強会のご案内】「東北の先人の俳句を読もう」
  5. 冬の水突つつく指を映しけり 千葉皓史【季語=冬の水(冬)】
PAGE TOP