1. 頭を垂れて汗の男ら堂に満つ 高山れおな【季語=汗(夏)】

    頭を垂れて汗の男ら堂に満つ高山れおな今週から、関東地方は梅雨入りの予報であったが、梅雨前線が太平洋の南に停滞したままなので来週以降になりそうである。フェーン現象により既に猛暑日が続いており、心の準備…

  2. マンホール出て蝙蝠となる男 小浜杜子男【季語=蝙蝠(夏)】

    マンホール出て蝙蝠となる男小浜杜子男月の光が差し込む部屋で…

  3. 春菊や料理教室みな男 仲谷あきら【季語=春菊(春)】

    春菊や料理教室みな男仲谷あきら季語【春菊】食材として鍋…

  4. 海市あり別れて匂ふ男あり 秦夕美【季語=海市(春)】

    海市あり別れて匂ふ男あり秦夕美(『逃世鬼』)海市とは蜃気楼…

  5. さくら仰ぎて雨男雨女 山上樹実雄【季語=桜(春)】

    さくら仰ぎて雨男雨女山上樹実雄晴れ女が証明された場に居合わ…

  6. 耳飾るをとこのしなや西鶴忌 山上樹実雄【季語=西鶴忌(秋)】

  7. 祭笛吹くとき男佳かりける 橋本多佳子【季語=祭笛(夏)】

  8. 青大将この日男と女かな 鳴戸奈菜【季語=青大将(夏)】

  9. ひめはじめ昔男に腰の物 加藤郁乎【季語=ひめ始(新年)】

  10. へうたんも髭の男もわれのもの 岩永佐保【季語=瓢箪(秋)】

  11. 男欲し昼の蛍の掌に匂ふ 小坂順子【季語=蛍(夏)】

  12. 竹秋や男と女畳拭く 飯島晴子【季語=竹秋(春)】

おすすめ記事

  1. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年9月分】
  2. ときじくのいかづち鳴つて冷やかに 岸本尚毅【季語=冷やか(秋)】
  3. 【夏の季語】蟇
  4. 雪兎なんぼつくれば声通る 飯島晴子【季語=雪兎(冬)】
  5. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第4回】

Pickup記事

  1. 【連載】「野崎海芋のたべる歳時記」 ブリニとタラマ
  2. 色里や十歩離れて秋の風 正岡子規【季語=秋の風 (秋)】
  3. 【秋の季語】霧
  4. 鶏鳴の多さよ夏の旅一歩 中村草田男【季語=夏の旅(夏)】
  5. 春を待つこころに鳥がゐて動く 八田木枯【季語=春を待つ(冬)】
PAGE TOP