1. 【夏の季語】初夏(はつなつ)

    【夏の季語=初夏(5月)】初夏(はつなつ)【ミニ解説】夏のはじまりのころ。まだそこまで暑くなく、からりとした気持ちいい日がつづく。音数に「初夏(しょか)」と読むことも。「夏はじめ」とも。…

  2. 【夏の季語】蝸牛

    【夏の季語=初夏(5月)】蝸牛【ミニ解説】『毛吹草』(正保2年、1645年…

  3. 【夏の季語】たかんな

    【夏の季語=初夏(5月)】たかんな【ミニ解説】竹の新芽を「筍」といいます。…

  4. 【夏の季語】筍

    【夏の季語=初夏(5月)】筍【ミニ解説】竹の新芽を「筍」といいます。食用と…

  5. 筍にくらき畳の敷かれあり 飯島晴子【季語=筍(夏)】

    筍にくらき畳の敷かれあり)飯島晴子 本意にどっぷり浸かりな…

  6. 筍の光放つてむかれけり 渡辺水巴【季語=筍(夏)】

おすすめ記事

  1. 初島へ大つごもりの水脈を引く 星野椿【季語=大つごもり(冬)】
  2. パン屋の娘頬に粉つけ街薄暑 高田風人子【季語=薄暑(夏)】
  3. 河よりもときどき深く月浴びる 森央ミモザ【季語=月(秋)】
  4. 愉快な彼巡査となつて帰省せり 千原草之【季語=帰省(夏)】
  5. 【新年の季語】餅花

Pickup記事

  1. 夏至白夜濤たちしらむ漁港かな 飯田蛇笏【季語=夏至白夜(夏)】
  2. 誰かまた銀河に溺るる一悲鳴 河原枇杷男【季語=銀河(秋)】
  3. 蛤の吐いたやうなる港かな 正岡子規【季語=蛤(春)】
  4. 【#27】約48万字の本作りと体力
  5. 蝌蚪の紐掬ひて掛けむ汝が首に 林雅樹【季語=蝌蚪(春)】
PAGE TOP